男性を振り向かせるためには、女性の武器とも言える色仕掛けが重要な鍵を握ります。
気になる男性にどんなアプローチをすればいいのかわからないという方。
男性をドキッとさせる色仕掛けには、どんな方法があるのでしょうか。

そこで、男性をメロメロにする「色仕掛け」4選をご紹介します。

(1)ぷにぷにアピール

『柔らかさたまらん……だきしめさせてください!』(27歳/商社)

男性は女性のぷにぷにした部分に魅力を感じる傾向にあります。
そのため、二の腕やお腹など、ほどよく贅肉が付いている部分などをアピールしてみましょう。
「太っちゃった」と言いながら二の腕を触るなど、自然にアピールすることが大事。

そうすることで、男性が思わず触ってみたくなるようなぷにぷに感を演出。
触りたい欲求を抱かせるよう促すことに繋がります。

(2)目が合った時の微笑み

『ニコッとしてからの流し目が、何気ないのに目に焼き付いて離れないことあります』(29歳/公務員)

気になる男性には、目が合った時に微笑むことで爽やかな好印象を与えます。
しかし、そこから色仕掛けに変えていくには、時には目線をそらすなども必要になります。
そうした駆け引きをすることで、男性を振り向かせることに繋がります。

男性に「どうしたの?」と思わず言わせるような表情は、色気を感じさせることも。
そうした駆け引きで、男性を徐々にメロメロにさせちゃいましょう。

(3)相談を持ちかける

『相談をうけているうちに、その子のことしか考えられなくなって気づいたら好きだった』(30歳/飲食)

男性は女性に相談を持ちかけられると、放っておけなくなる傾向にあります。
その上秘密の相談となると、特別感を覚えることも。
相手との距離を縮めるためにも、秘密の相談は非常に効果的と言えます。

「内緒だよ」「誰にも言わないでね」などの言葉を付け加えることも効果的。
そうすることで、男性をドキッとさせることが出来ます。

(4)ボディータッチ

『ねぇねぇって服の裾引っ張ったり、肩のあたりツンツンする女子にキュンとする。子猫みたときみたいな(笑)』(32歳/広告)

男性に色仕掛けをする際には、二人になった時が絶好のチャンス。
軽く肩を触りったり、距離感が近いだけでも、男性はドキドキするものです。
まだ相手との仲が縮まっていない場合には、話しかける時に肩を軽く触る程度がベスト。

その際に目をじっと見つめると、色っぽい印象を与えることが出来ます。
恋愛対象として意識してもらうためにも、ソフトなボディータッチは効果的と言えます。


いかがでしたか。
男性をメロメロにする色仕掛けは、積極的過ぎない程度にすることとが大事。
そうすることで、自然な形で色仕掛けをし、女性としての魅力をアピールしちゃいましょう。