女性にだって、ムラムラとするときはありますよね。
もっと触れたい、キスしたい、エッチしたいなんてことも思うことでしょう。

ただ、女が欲求不満なんてあまりバレたくないはず。
ここでは「欲求不満だと思われないさりげない誘惑テク」についてみていきましょう。

(1)羽織ものを脱ぐ

『脱ぐ、という行為だけで目を惹いてしまいます』(25歳/広告)

まず、羽織ものを脱ぐという行為は、ごく自然のことなので、なにも違和感を抱く人はいないでしょう。
なので、さりげないアピールにはもってこいです。

「ちょっと暑くなっちゃった」と言いながら、羽織っていたカーディガンを脱いだらきっと男性はドキっとするはず。
腕やデコルテがあらわになり、その隠れていた肌に色気を感じること間違いなしです。
最初からそれを狙って、そういったコーデをするのも積極的で良いですね。

(2)腕を組む

『そっちばかり意識してしまって、頭が回らなくなる』(32歳/エンジニア)

みなさんは、男性の腕を掴むタイミングってありますか?
飲み会などで、さりげなく腕を掴んだり組んだりするタイミングがあれば、バッチリ。

腕を組むと、ちょうど女性の胸があたる位置になります。
当たるか当たらないかくらいの絶妙な感覚でいるとさらに効果抜群。
きっと男性の意識は腕に集中し、そのドキドキ感からあなたを求めてくるはずです。

(3)唇を触る

『つい視線を誘導されてしまう……』(27歳/公務員)

唇は女性の色気の象徴
ふっくらとして、ツヤのある唇はとても魅力的ですよね。
そんな唇を触ることで、男性の目線はそこの釘付け。

ただし、触りかたによっては下品にみえてしまう恐れもあるので気を付けましょう。
これは、唇を見られるという前提の好意なので、日頃からのケアも怠らずに
女性らしく綺麗な唇で勝負しましょう。

(4)お酒を味方に

『お酒の場でのアピールは、お誘いだと捉えています』(26歳/金融)

なんといっても、誘惑する場に最適なのはお酒の場でしょう。
なので、お酒を味方につけるのもおすすめ。
ほろ酔いで、ほんのり顔が赤くなって、目もトロンとした状態の女性をみるだけで、男性は喜びます。

そして、そんな女性からほんの少し誘惑があったとしたらきっと大喜びでしょう。
少し彼の体に触れたりしただけで、その夜はお持ち帰りなんてこともあるかも。
そうなっても大丈夫なように、彼とお酒を飲むときは勝負下着で挑むことをおすすめします。


いかがでしたか?
なかなか女性が欲求不満だということは表にだせないものですよね。
さりげなく相手を誘惑するテクを身に付けることで、気になる彼をゲットしちゃいましょう。