自分ではオシャレと思っていても、実は時代遅れだったり、年齢や体型に合っていなかったりします。
男性から一緒に歩くのが恥ずかしい……なんて思われないように、ファッションを見直しましょう。
秋の勘違いブスファッションを4選ご紹介します。

(1)ハイソックス

『大人の女性だったら、これはひく……』(29歳/商社)
秋になるとスカートにハイソックスを合わせる人もいます。
10代なら可愛いかもしれませんが、大人の女性がスカートにハイソックスだと、子どもっぽい印象です。

本人は可愛いと思っているかもしれませんが、周りの人から痛い女性と思われているかもしれません。
ハイソックスはやめてタイツにしておいた方が大人っぽいですよ。

(2)レギンス

『スポーティーな場面ならいいけどね』(30歳/営業)

一時期大流行したレギンスですが、最近は時代遅れの印象があります。
登山やフェスなどでは活用されていますが、街で履いている人はあまり見かけなくなりました。
寒いからといってレギンスを履くのは、やめておいた方がよいでしょう。

繰り返すようですが、スカートやワンピースの下に履くならタイツの方がオススメです。
ただし、網タイツは引いてしまう男性も多いので、無地のタイツの方が大人っぽくてよいでしょう。

(3)フリルやリボンがついた可愛いファッション

『そういう子とあんまり一緒に歩きたくない』(35歳/編集)

25歳を過ぎたら、そろそろ大人っぽいファッションを取り入れたいものですね。
しかし、まだまだ若いからとフリルがたくさんついたトップスや、大きなリボンがついた服を着ると、可愛すぎるかもしれません。

トップスかボトムスのどちらかならまだしも、全体的にフリルがひらひらしたパステルカラーの服などは、子どもっぽくなってしまいます。
どうしてもフリルやリボンの服が着たい場合は、落ち着いたシックな色合いを選びましょう。

(4)キャラクターのトレーナー

『原宿系が好きな僕にとっては、アリなときもある』(23歳/アパレル)

大人の女性がキャラクターのトレーナーを着ていると、「痛い」と思われてしまいます。
もちろん自宅で部屋着にするのはいいでしょうが、外出着にはちょっと……。
いくら好きなキャラクターでも、外に着て行くのはやめた方がいいでしょう。

「可愛いね」「そのキャラクター懐かしい」と盛りあがることはあまり期待できません。
電車の中でもジロジロ見られるかも
デートに着て行ったりしたら、彼に「恥ずかしい」と思われてしまいます。

キャラクターのデザインは子どもっぽくて色気もありません
大好きなキャラクターのトレーナーを買っても、家の外では着ない方が無難です。


本人にとってはお気に入りのアイテムでも、周りから見たら勘違いブスファッションになっているかもしれません。
もう一度自分のファッションを客観的に見てみた方がいいかもしれませんね。
時代遅れ、年齢に合わないファッションになっていないかチェックしてみましょう。