秋になって肌寒さを感じるようになると、暑い夏にはできなかったモテテクを使えるようになります。
女の子は寒がり……そんなイメージを利用したモテテクを使って彼をキュンとさせましょう。
秋におすすめのモテテク4選をご紹介します。

(1)冷えた手を口元でこする仕草

『寒いのかな?と、温めてあげたい、守ってあげたい気持ちに』(32歳/商社)

肌寒くなってくると、手が冷たくなることも。
秋だとまだ手袋をしないことも多いので、長時間屋外にいると手が冷えてきます。

手が冷えたとき、思わず手をこすり合わせたりしますよね。
この冷えた手を寒そうにこすり合わせる仕草や、息を吹きかけて温めている仕草は、男性をキュンとさせます。

「守ってあげたい」と思わせるので、彼が温めてくれたら笑顔で甘えましょう。

(2)「手が寒くない?」と手をつなぐ

『わざと狙っているのか、無意識なのか、どちらにしても可愛い』(26歳/金融)

女性の方が寒がりのようなイメージがありますが、男性だって寒い日は手が冷たくなります。

一緒に歩くときに「手が寒くない?」とさりげなく手をつないでみてはいかがでしょうか?
もし寒くなくても、せっかく彼女から手をつないできたら、そのまま手つなぎデートとなるでしょう。

手が本当に冷えているときは、「寒いから温めて」と手をつないでみましょう。
甘えてくるあなたのことを彼はきっと「可愛い」と思ってくれるはず。
寒さを利用して、2人の距離をぐっと縮めてしまいましょう。

(3)温かい飲み物を両手で持って温まる仕草

『見ているこちらもホッとする。飲み物を買ってあげたくなる』(29歳/デザイナー)

寒いときは、温かい飲み物で体の中と外から温まりたいですよね。
温かい飲み物を飲むときの仕草も男性をキュンとさせます。
両手でカップを持って手を温めながら、幸せそうな笑顔でほほ笑むと、男性も温かい気持ちになるでしょう。

まずはカップで手を温めて、それから飲んだ後はニッコリ。
冷えた体が温まっていく幸せを満喫するように、ゆっくり温まってくださいね。

(4)萌え袖でキュン!

『定番だけどやっぱりかわいい。夏には見られない季節感があって良い』(23歳/営業)

秋になって肌寒さを感じるようになると、ニットが活躍し始めますね。
ニットを着た時は、袖から指先だけを出す「萌え袖」で、男性をキュンとさせましょう。

ふんわりしたニットから指だけがのぞく萌え袖は、女性のか弱さを強調しますので、男性に「守ってあげたい」と思わせます。
ニットを着た時は、萌え袖で男性の心を掴んではいかがでしょうか。


寒い季節ならではの可愛いモテ仕草で彼をキュンとさせてみませんか?
彼に「可愛い」と思わせて、2人の距離が急接近するかもしれません。
恥ずかしがり屋の彼との仲がなかなか進展しない人も、秋の肌寒さを利用して、もっと彼との距離を縮めてはいかがでしょうか。