ファッションにトレンドがあるように、メイクにも流行があります。
男性ウケする「お色気メイク」も、流行で変わっていくので常にチェックが必要。
いつまでも時代遅れなメイクをしてると笑われてしまうかもしれませんよ。

今回は、オススメの秋のお色気メイクをご紹介します。

(1)アイラインは短くシャープに

『派手なアイラインは、女ウケできるかもしれないけど、決して男ウケにはならない』(32歳/証券)

少し前なら猫の瞳のようなキッチュな太くて存在感のあるアイラインがセクシーでしたが、今は目の形にあったシャープで短いアイラインがトレンド。

カラーもハッキリとしたブラックよりも柔らかい印象のブラウンや個性的なレッドが人気です。
目元の印象が強すぎると「自己主張が強い女性」という印象を受けるため男性も一歩引いてしまいます。

(2)ベースメイクは自然重視

『厚塗りはオバサンがやること』(23歳/販売)

お肌の粗を隠すようなしっかりベースメイクのままでは「厚塗り女子」と呼ばれてしまうかもしれません。
今は、肌の個性を生かした自然なベースメイクがオススメ。

男性目線でも塗りこまれた完璧メイクよりもナチュラルなメイクの方が清潔感があり好感度が高いですよ。

(3)リップはダークカラーが秋っぽい

『ダークカラーすぎてもついていけないかも……(笑)』(28歳/公務員)

バーガンディーやボルドー、ブラウンなどのダーク系のカラーは秋らしいリップカラーです。
ダーク系のカラーは深みがあり、セクシーな印象が強くなります。

特に、今っぽさを強調したいのであればマット仕上げがトレンド。
「お色気」というとプルプルリップの方がいいのかも、と思いがちですがツヤツヤのリップは「塗ってる感」が強く男性が苦手に感じるメイクの一種です。

口元はセクシーさを表す重要なパーツ。
特に、意識してメイクしましょう。

(4)アイシャドウは艶感重視

『夜デートでのメイクはキラキラしててほしい♡』(31歳/企画)

「お色気」に大切な要素である艶感はアイシャドウで出すのが今風です。

ブラウンやベージュ、オレンジなどの肌なじみの良いカラーに細かいパールが含まれてるアイシャドウなら、派手になり過ぎず自然な艶感が演出できます。

目元がキラキラと輝いていると瞬き一つでも表情が出て、つい見とれてしまうような魅力的な仕上がりに。

ポイントはあまりギラギラさせ過ぎないこと。
あくまで、自然な艶感が重要です。


男性ウケするお色気メイクをするならトレンドよりも男性目線で考えるようにすることが必要。
キュートなリンゴのようなチークや真っ赤なリップなど女性からは評判が良くても男性からは「個性的すぎる」と感じてしまいます。
オシャレと男性ウケのバランスをとって「お色気メイク」を楽しみましょうね。