彼との結婚が決まらず、長い間恋人関係が続いているとストレスに感じることもありますよね。
男性には「結婚したい」と、ふと思う瞬間があります。
結婚はタイミングとも言いますし、彼にとっては結婚したいと思うタイミングがまだ来ていないのかも。

では、男性にとって結婚を意識する時とはどんな時なんでしょうか?
今回は、男性が「結婚したいな」と思った瞬間についてご紹介します。

(1)料理やお弁当が美味しかったとき

『毎日……でなくてもいいから、これからも作ってほしいと思ったときに結婚を意識した』(26歳/メーカー)

男性にとって、彼女の家庭料理はとても大きな効果を持ちます。
料理やお弁当が美味しければ、それだけで結婚したいという気持ちが高まる男性も多いです。

初めてお弁当や手料理を食べ、その味に感動して結婚生活のことを男性はまず考えます。
こんなお嫁さんを貰えばずっと幸せかも……と思ったとき、男性は結婚したいなと思うんです。

(2)一緒にいて心地良い空気を感じたとき

『こんな彼女なら生涯一緒にいれたらいいな、と』(29歳/エンジニア)

結婚生活の中で、一緒にいて心地良い空気を作れることはとても大切なことです。
ストレスの溜まらない雰囲気を大切にすることができ、一生平穏に過ごせそうなイメージに繋がります。

例えば一緒にテレビを見ていて笑いのツボが一緒だったり、一緒に寝ている時の寝心地が良かったり……。
相手を一生連れ添う相手として幸せになれそうと思った時、男性は結婚したいなと思います。

(3)友達の結婚や家庭に影響されたとき

『仲の良い友達の報告を聞くと羨ましく感じて、自分も意識しだしますね』(28歳/公務員)

周りの友達に影響されて、結婚に対する意識が急激に高まる人も実は結構多いです。
友達が結婚して家庭を持ち、幸せそうにしていたら、誰だって結婚に憧れを持ちますよね。

すると結婚相手として一番にイメージするのは、そのとき付き合っている彼女です。
彼女に何の不満もない場合、友達の影響もあり、自然と結婚したいなという思いを募らせていくことになります。

(4)熱心に看病してもらったとき

『気にかけてくれている姿に、これからも一緒に暮らしていきたいなと感じた』(32歳/営業)

自分が風邪等で倒れている時、熱心に彼女から看病して貰えたら、男性は彼女に強い魅力を感じるでしょう。

上の家庭料理も同じですが、男性は女性の献身的な姿に弱いです。
結婚生活をイメージし、一緒になれたらとても良い奥さんになってくれるのではないかと思うでしょう。

看病の仕方が上手だと、なおさら感動して結婚したい欲が高まるはずです。
子どもができても良いお母さんになってくれそうという安心感にも繋がります。


男性が結婚したいなと思う瞬間についてまとめてきましたが、いかがでしたか?
彼からなかなかプロポーズされないのは、もしかすると自分の献身的な姿勢が足りないのかも……。
プロポーズするのは彼でも、結婚したいと思ってもらえるように動いていくのは必要かもしれませんよ。