仕事や人付き合いなど現代社会はストレスだらけ。
女性が毎日のストレスに疲弊してしまうように、男性も時には疲れて彼女に癒してほしいときがあるんです。

今回は、「男性が疲れたときに彼女にして欲しいこと」を4つ、ご紹介します。

(1)手料理を作ってほしい

『疲れたときの手作りの和食は、どんなレストランよりうまい!』(34歳/編集)

「男を掴むなら胃袋を掴め」という言葉があるように男性の心を惹きつけるには美味しい手料理は効果抜群。

特に疲れたときに、体に染み渡るような美味しいご飯を食べたら男性はとても癒されます。
彼を癒すために手料理を振舞うなら、おしゃれな食事よりも家庭的な料理の方が好感度が高いです。
新婚生活をイメージさせる彼好みの家庭料理を振舞えば彼へのアピールにもなります。

お酒好きな彼なら、おつまみを作って晩酌のお供をしてあげるのもいいかもしれませんね。

(2)マッサージをしてほしい

『プロのようにできなくても、彼女の手でしてもらったら癒される♡』(27歳/福祉)

疲れていると肩こりや腰痛に悩まされたり、脚がパンパンになってしまったりしますよね。
そんな彼の疲れを癒すためにマッサージをしてあげましょう。

本格的なマッサージは不慣れな人がやると揉み返しになるなど却って痛みが悪化してしまう可能性があります。
マッサージの技術にこだわるよりも、彼にリラックスしてもらえるようにアロマオイルを使用するなど工夫をするのがポイントです。

(3)まったり一緒にいたい

『疲れてるとき、特別なことはしたくない』(30歳/会社員)

何か特別なことをして欲しいわけではなく、一緒にまったり過ごしたいという希望も多いです。

そんな時は楽しく過ごす、というよりも静かに彼が落ち着いて過ごせるようにしてあげましょう。
男性にはなじみがないような、リラックス効果のあるアロマキャンドルや入浴剤をプレゼントするのも喜ばれます。

必要があれば彼の話を聞いてあげたり、彼のお気に入りのスイーツを用意して一緒に食べるのもオススメ。

(4)一人にして欲しい

『リフレッシュするのに、一人で趣味に没頭したいときもある』(33歳/医療)

男性にとって傷を癒すために一人になりたい時があります。
彼に「一人にして欲しい」と言われてしまってもむやみに悲しんだり彼を責めないように。

男性が一人になりたがっている時は、深く疲れ切っていて感情がコントロールできないこともあります。
普段なら起きないような喧嘩に発展してしまうこともあるのでしばらく一人の時間をつくってあげましょう。


いかがでしたか?
現代社会で「癒し」を得られる場所はとても貴重な場所です。
せっかく一緒にいるのですから大好きな彼にとって負担ではなく最高の癒しスポットになれたら嬉しいですね。