多くの女性は、どういう風にキスをしたらいいのか…吐息はどうしたらいいの……と悩んでいます。
あなたも、ディープキスをするときに息を止めたらいいのか……と困ったりしていませんか。
今回は、彼の興奮が止まらない「キスの吐息の出し方」をご紹介します。

(1)吐息はキスの合間に♡

『吐息を聞くだけで興奮するから、別に抑えなくてもいい』(25歳/人事)

多くの男性は、女性の吐息がセクシーだと感じています。
あなたの吐息を聞くだけで、興奮する男性も少なくはありません。

いつ吐息をしたらいいか困っている場合は、キスの合間がポイント。
キスをしていると、一瞬唇が離れるときがあるでしょう。
その時に吐息をゆっくりとだすのです。

(2)相手をぎゅっとして吐息は耳元で

『彼女がキスで興奮するときがたまらない。ぎゅって俺の背中や腕をもってくれるともっと攻めたくなる』(33歳/広告)

男性は、好きな女性が感じているのを見るのが大好きです。
なので、彼がディープキスをしてきたら、たっぷりと感じてみましょう。

そして、吐息は彼の耳元で。
あなたのキスがよすぎる……という風に、彼の服や背中をぎゅっと掴むのもアリです。
あなたが感じているとわかって、彼ももっと興奮してきます。

(3)軽いキスのときは吐息は控えること

『なんかどんなキスでも感じる女性がいるけど、それは演技っぽい』(35歳/不動産)

キスのときに、いつでも吐息を出せばいいのか……というとそうではありません。
吐息を出すのは、キスの加減とタイミングを見ることが大切です。

例えば、あなたが軽いキスでも吐息を出しているようなら、引いてしまう男性もいます。
感じている素振りをしているのかな……と思うからです。
なので、軽いキスのときは興奮している姿は見せないのがコツでしょう。

(4)口臭ケアは徹底して

『めっちゃ可愛い子とキスしたんだけど、吐息をはいたときにすごく臭くてなえた』(27歳/コンサル)

あなたは、男性とキスをするときに口臭ケアをしていますか。
どれだけ彼があなたのことを好きでも、口臭ケアはエチケットです。
彼をガッカリさせないためにも、口臭ケアは大事。

特に、ディープキスなどしそうだな…という日には、口臭ケアを忘れずに。
ご飯のあとにできるミントなどを持ち歩くのも大事です。


いかがでしたか。
彼を興奮させられるかどうかは、あなたの吐息にかかっていると言っても過言ではありません。
口臭ケアを忘れずに、そして吐息のタイミングや出し方を練習しておきましょう。