人は内心どんなことを思っているのか分からないものです。
好きな男性が脈ありかもと期待していたのに、むしろ逆に面倒臭いと思われていた……ということは意外とありがち。
男性が相手を面倒臭いと思っているかどうかは、LINEの返事などで確かめることができます。

今回は、男性が「こいつ面倒臭い」と思っている女性に送りがちなLINEをご紹介します。

(1)スタンプのみの返信

『文で返すのも面倒なときは、スタンプのみで』(31歳/エンジニア)

よくある例としては、スタンプのみの返信が挙げられます。

「了解」などのよく使われるスタンプはともかくとしても、何を送ってもスタンプしか返ってこない時は要注意。
スタンプは送るだけでとりあえず返したことになるので、彼は返信を相当面倒臭がっている可能性ありです。

特にスタンプの内容も変わり映えしなくなってきたときは、かなり面倒に感じているでしょう。
相手のためにスタンプを選ぶのすら手間だと感じている証拠です。

スタンプで会話が進むと、楽しくやり取りしているかのように勘違いする人も多いです。
でも実際のところその会話は、彼にとって面倒なものでしかない場合も考えられます……。

(2)極端に短い相槌

『それしか返す言葉もないし』(28歳/公務員)

「うん」や「はーい」などの簡単すぎる相槌の返信しか返してこない時も気をつけましょう。
返信の短さが、面倒臭さを物語っていると言えるでしょう。
そもそも大事な相手と、そんな雑なやり取りはしないですよね。

よくよく考えてみれば、彼は相槌しか返してきていないのではないでしょうか?
相槌だけということは、会話を盛り上げるつもりゼロということです。

(3)いつも同じ返信

『やり取りを終わらせたくって』(23歳/商社)

例えば「分かんない」「知らない」などを繰り返したり、いつも同じような返信しか返してこない場合があります。

いつも同じ返信の時も要注意です。
やり取りを盛り上げるための、面白い返しをする気は少なくとも全くないということです。

こちらのメッセージと彼のメッセージを比べてみましょう。
自分はいろいろなことを送っているのに、彼はいつも同じ返信ではないでしょうか?
彼としては、会話を終わらせる方向に持って行く気満々というわけです。

(4)時間があるときに返事するの一点張り

『まあ、そのまま返信するの忘れちゃうんですけど……』(26歳/営業)

返信が面倒臭いと、やり取りを無理矢理中断してくる男性もいます。
例えばいつも「また時間ある時に返事するね!」と強制終了されてしまうとしましょう。

これは明らかに、やり取りを面倒臭がっている証拠ですね。
うまいことを言って、面倒なやり取りを続けることを回避しているのでしょう。


相手から面倒臭がられているかどうかは、LINEの返信でなんとなく分かるもの。
彼の返信がいつも淡白な気がする……と思ったら、それは残念ながら面倒に感じられている証拠なのかも?

自分のLINEの送り方も見直した方が良いかもしれませんね。