たまには私もHに積極的に……と思って彼に迫るところまでは良いものです。
でも実は勘違いのHテクで、彼をドン引きさせていることも中にはあります。
Hでドン引きするなんて、楽しめるものも楽しめませんし、彼としても言いにくさMAXでしょう。

今回は、男性が引いた彼女の勘違いHテクについてご紹介します。
以下のようなプレイにはくれぐれもご用心。

(1)焦らしすぎ

『そんなに焦らされたら萎えるよ』(27歳/SE)

彼女の方から攻めてくれるのには、いつもと違う感じに興奮する男性も多いです。
でも、自分から普段攻めることのない女性は、触ったり舐めたりするのもいまいち不慣れです。

だからこそ、焦らしすぎて微妙な空気になることも多いです。
彼としては「いつ始まるの?」という感じで、Hを心から楽しめなくなるでしょう。
焦らしテクは相手を興奮させるHテクとして大事ですが、焦らしすぎには要注意です。

(2)首をしめる

『ああ、そういうのが好きなタイプか』(28歳/企画)

いろいろな性癖の持ち主はいますが、多くの人は普通に愛のあるHを求めます。
上に乗っかってきた彼女からいきなり首を絞められたら、仰天する男性も多いでしょう。

その苦しさに興奮する男性も確かにいるかもしれません。
でも、基本的にはやらない方が賢明です。
ちょっと個性が強いプレイになりますからね……。

しかも女性は力の加減が分からない人が多いので、思いがけず力強く絞めてしまう場合もあります。
そんなことがあっては、もはやHどころの話ではないでしょう……。

(3)罵倒するタイプの言葉責め

優しい感じの言葉責めなら良いものですが、罵倒するニュアンスの言葉責めはやめておくべきです。
愛し合うためのHですから、いきなり彼女から「豚野郎」なんて言われたら彼はさすがに引きます。
しかも普段は可愛い感じの彼女が、突然汚い言葉を使い始めたら残念にもほどがあります……。

(4)傷めつける系の女王様プレイ

『何それ全然好きじゃない』(29歳/商社)

「SMクラブ?」なんて言いたくなるくらいに女王様プレイをし始める彼女に、ドン引きする男性は多いです。
彼氏が相当なマゾ心の持ち主でない限り、女王様プレイをしても引かれるだけでしょう。

彼が「たまには攻めて」と望んできたのを、女王様になることと勘違いしないように注意しましょう。
まさかの変貌に、彼は開いた口が塞がらなくなります……。


男性が引いた、彼女の勘違いHテクについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?
普段攻めることに慣れていない女性は、いざ上下がチェンジすると変な攻め方をしがちです。
楽しくて幸せなHの時間を残念なものにしないように、勘違いHテクには気をつけてくださいね。