あなたは、気になる男性と電話をしますか?
いまの時代、LINEしかしないという人たちもおおいでしょう。
しかし、好きな男性の声を聞きたくなる時ってありますよね。

ここでは「夜電話で男心をつかむテク」についてみていきましょう。

(1)「眠れないの」

『そうかあ、よしよし可愛いね♡』(27歳/SE)

夜も深くなってきた頃。
あまり眠れないという時もありますよね。
そんな時は、それを素直に気になる彼に伝えましょう。

「なんだか眠れないの。でもあなたの声を聞いたら安心した」なんて伝えると一発で彼の気持ちを掴めるはず。
きっと彼は「俺の声を聞きたかったんだ」と考え、嬉しく思うでしょう。
そして、ちゃんとあなたが眠れるまで電話の相手をしてくれるはずです。

(2)「今から会えない?」

『ムリではあるけど行っちゃうぜ!』(32歳/アパレル)

夜に女性から電話がかかってきたら、男性は「夜にどうしたのかな?」と思いながら電話にでるでしょう。
もしかすると、電話をとるまでにいろいろと妄想する人もいるかもしれません。
いろいろと妄想した上で、電話の向こうから「今から会えない?」も言われたとき……。

きっとすでに彼の心はイチコロです。
「俺に会いたかったのかな」、「なにか伝えたいことがあるのかな」、「もしかして告白されたりするのかな」などと頭の中があなたでいっぱいになるでしょう。

(3)寝起きの声

『寝起きが一番かわいい』(31歳/医者)

では、気になる彼から夜に電話がかかってきたらどうでしょう。
ただ普通にとるのではつまらないので、少し寝起きの感じで電話をとってみるのもオススメ。

「もしもーし……」と電話をとると、きっと彼は「ごめん、寝てた?」と聞いてくるはず。
そうなれば成功です。

普段とは違う無防備なあなたの声に、彼はキュンと来ること間違いなし。
本当に眠っているときに電話がきても、素を丸出しにせず、可愛らしさを忘れずに。

(4)「おつかれさま」

『元気出た!』(28歳/企画)

夜は仕事もおわった時間で、一息ついている人も多いはず。
そんな時間に気になる彼と電話をするチャンスがあったら、まず彼を労う言葉をかけると良いでしょう。

「お仕事おつかれさま」、「ゆっくり休んでね」といった感じ。
彼はあなたの優しさに癒され、もっとお話がしたいと思うはずです。


いかがでしたか?
好きな人とは、電話をするだけでも緊張しますよね。

しかし、電話をするタイミングや時間帯で話す内容を変えることも忘れずに。
そんな些細なことでも、彼の心を大きくて揺さぶることができるでしょう。