何でも言える関係というのは、理想的な恋人との距離感。
しかし、どんなに慣れた間柄でも、言ってはいけないセリフがあります。
今回は男性がSEX中に言われたくないセリフを4つご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

(1)「はやくして」

『せかされると焦って勃つものもたたないよ……』(33歳/デザイン)

彼がなかなかイかなくて、じれったくなって「早くして」という場合。
また、彼のピストンが物足りなくて「速くして」という場合。
どちらも、彼にプレッシャーを与える要素になり、むしろ元気を削いでしまうでしょう。

伝え方が上手な女性はより声を荒げたり、膣の締まりを強くして彼を盛り上げることができます。

直接言葉で言うよりも、こういった行動から「私はもっと高まりたいの」と伝える方が効果的。
男性がどうすると盛り上がるのかテクニックを磨いて試す方が、男性のプライドをへし折らないのです。

(2)「フェラしたくない」

『ガッカリNO1発言!』(28歳/建築)

「フェラをしたくない」という発言。
確かに人によっては気にしてしまうスキンシップですね。
でも、男性側は要望を断られると動揺してエッチに集中できなくなる可能性があります。

また、男性側にクンニはさせるのに自分はフェラをしたくない……という場合は問題アリです。
男性に不公平感や自分本位な印象を与え、嫌な気持ちにさせるかもしれません。
お互いにスキンシップを取ることで信頼感は生まれるのではないでしょうか。

(3)「もういいでしょ?」

『急激に萎える……』(30歳/銀行)

前戯中に待ちきれなくて焦ったり、彼が攻めすぎて言い放ったり……。
そういったタイミングでこの言葉を使う場合があるかもしれません。
しかし、相手の意思を遮る否定的な言葉なので、嫌な気分になる可能性が高いでしょう。

男性側からするとせっかく気分が高まっている最中にへし折られたような気分……。
「え?ここでそれを言っちゃうの?」と萎えてしまうはず。
伝え方を工夫したり、彼を盛り上げるテクニックを身に着ける方がいいかもしれませんね。

(4)「疲れた」

『その言葉に疲れたよ』(35歳/自営業)

男性側が盛り上がっているさなかに「疲れた」という言葉で中断される……。
すごく気持ちが下がってしまうシチュエーションといえるでしょう。
これを言われてしまったら、男性も続けるわけにはいきません。

挿入中に言うのは特にNGです。
最中の男性を無理に中断させる行為はあまりに酷です。

実際に疲れてしまったら自分が疲れない体位に変えてみてもいいかもしれません。
それか、男性主体で攻めてくれていたなら、女性からも攻めると変化がでる可能性もありますよ


エッチの最中は男性の気持ちを否定しないよう、気を配る必要がありますね。
特に男性は女性と違って、一度萎えてしまうとエッチを継続できなくなってしまうことも。
そうなるとお互いに気まずいと思うので、気を付けた方がいいでしょう。