なんとなく彼のことを「ちょっと危険な人なのかも……」と思うことはあるかもしれません。
好きな彼氏でも、目に余るような行動を沢山されたら、今後の付き合いに不安を覚えるもの。
特に束縛男やモラハラ男には要注意です。

今回は、日頃の受け答えから分かる彼氏の危険度についてご紹介します。

(1)「今どこ?」「何してる?」

『ある程度の信頼があれば、こんな質問しないと思います』(27歳/人事)

束縛や嫉妬の気持ちを強めるタイプの男性は、とにかく彼女の行動を把握したがります。
今いるところ、今していることを逐一把握しようとするんです。
そして内緒で行動するようなことがあれば、激昂することも……。

彼からやたらと「今どこ?」と聞かれるようなことが続く場合は、束縛に気をつけましょう。
束縛する行為に合わせていては、そんな状態はますますエスカレートするばかりです。
あまりにもひどいようなら、いっそのこと別れることも考えるべきでしょう。

(2)「あれ誰?」

『気になる男の気持ちもわかるけど…ないよね(笑)』(24歳/営業)

束縛が強いタイプの男性は、もちろん彼女の交友関係にも首を突っ込みたがります。
男友達は当然のことですが、女友達にさえうるさい彼氏もいます。
新しくできた友達や、見知らぬ友達がいたら、すぐに誰なのか聞いてくるでしょう。

嫉妬する気持ちは分かりますし、嫉妬されなかったらされないで物足りない気持ちもあります。
でも、嫉妬にも限度があります。
嫉妬心からの彼の知りたい欲が明らかに限度を超えていると思うなら、それは危険信号と捉えて良いはず。

(3)「俺にはお前しかいないから……」

『メンヘラ系男の子ですね。嫌いです(笑)』(29歳/美容師)

DVやモラハラを繰り返すような彼氏は、普段から言葉の一つ一つが重いことが多いです。
何かにつけて「俺にはお前しかいない」という深い愛情をアピールしてきます。

愛されることは嬉しいことですが、「お前しかいない」というのもなんだか怖いですよね。
重すぎる言葉には要注意です。
気に入らないことがあれば「なんで裏切るの?」と態度を豹変させる可能性ありです。

(4)「俺のこと嫌いなの?」

『え?めんどくさそうな奴』(22歳/飲食)

危険度の高い男性は、上のようにちょっと受け答えが面倒臭いところがあります。
嫌なことがあるとすぐに「俺のこと嫌いなの?」と極端な質問を投げかけてくるものです。

そんなこと言われたら、「好きだよ」と言うしかないですよね。
情緒不安定で感情がすぐに振り切れるタイプの男性は、何かあったらすぐに「嫌いなの?」と言ってきます。
正直、一緒にいて気苦労が絶えないのは明らかでしょう。


いかがでしたでしょうか?
ちょっとでも彼のことがヤバいと感じたら、今後の付き合いは考えるべきかもしれません。
楽しく幸せなはずの恋愛で、悩みを増やすようなことだけはしたくないですからね。