男性は、LINEがマメなときもあればそうでないときもあります。
女性からすると、返事がなかなかこないとイライラすることもあるでしょう。

もしかしたら、それはあなたの会話の仕方に原因があるのかも。
今回は、男性が会話を続けたいと感じるLINEの特徴をご紹介します。

(1)短めのLINE

『女の人って、おしゃべり大好きって感じで、LINEも長文になっていると思う。どれにどう返したらいいかわからない』(25歳/営業)

女性は、女性同士であればどれだけ話しても物足りないですよね。
長文のLINEが来ても、気にすることはほぼないでしょう。

しかし、男性は長文がくると「う……」と感じます。
返事をするのに困ってしまうのです。
ポンポンとリズムよく流れるLINEを心がけるといいでしょう。

(2)適度な頻度でLINEする

『付き合ってもないのにずっとLINEがきてもウザい…と感じる。LINEの頻度は大切』(30歳/コンサル)

あなたは、気になる男性とのLINEをどれくらいの頻度でしていますか。
LINEの頻度は、お互いの相性をしることができるもの。
もしあなたがひっきりなしにLINEを送っているようだと、男性は疲れてしまうことがあります。

なので、相手のLINEの頻度がどれくらいかを観察してみましょう。
相手が心地のいい頻度でLINEをすることが、会話を続ける秘訣となります。

(3)返信しやすいLINEの内容

『日記みたいなLINEを送られても、どう反応したらいいかわからない』(28歳/不動産)

女性は、「こんなの食べたよ!」と友達同士で話すことがよくありますよね。
しかし、この会話は男性からするとよくわからない内容のLINE。

そのため、女性から日記のようなLINEがくると、男性は困ってしまうのです。
男性が返信に困ると、はやりLINEが途切れてしまいます。
そうならないようにするためにも、男性が興味のあることを送るようにしましょう。

(4)返信のタイミングが大事

『忙しいときに、即レスされても疲れる…けど、数日後とかに返されても冷めてしまう』(32歳/広報)

あなたは、男性からLINEがきたらどのタイミングで返事をしますか。
即レスしたいところですが、即レスをするとびっくりする男性もいます。

だからといって、駆け引きするように数日も放置するのはNG。
会話の盛り上がりもなくなり、男性の気持ちが冷めてしまうことも。
LINEの返信は、相手に合わせるようにするといいでしょう。


いかがでしたか。
LINEはとても便利なツールですが、一つ間違えるとあなたはウザい存在になってしまいます。
お互いに楽しく会話ができるように、頻度や内容に気をつけて、チャットを楽しみましょう。