そろそろ季節も秋。
暑い夏が終わり、秋らしいコーデを楽しむことができますね。
では、涼しくなってきた頃のコーデをどのように楽しむことができるのでしょうか。

ここでは「秋のモテニットコーデ」について紹介していきましょう。

(1)オーバーサイズ

『ダボっとした服から見える細い足にやられる!』(26歳/デザイン)

オーバーサイズのトップスは、あえてお大きめのサイズの服でコーデをきめることができます。
このオーバーサイズというのがポイント。
まるで、彼氏の服を借りたような雰囲気になるので、男性が萌えること間違いないでしょう。

なので、あえてメンズの服を取り入れるのもアリです。
大きくてダボっとしている感じが、女性の体の華奢さを強調できるのでオススメ
きっと女性らしさと可愛らしさで、男性もメロメロです。

(2)萌え袖

『小動物的かわいさ!問答無用でキュンとします』(31歳/総務)

萌え袖という名前がついて世の中に浸透してきたのは最近ですが、このコーデ自体はだいぶ前からあります。
これは、「手の甲の半分が袖で隠れている」という状態のことをいいます。
つまり、涼しくなってきて、夜は少し寒い季節にはもってこいのコーデです。

「寒くなってきたな……」と言いながら、袖を伸ばして暖まろうとする姿もキュンときますよね。
少しこどもっぽい無邪気さも演出できるので、男性からは「かわいい!」と評判のはず。
取り入れやすいのでぜひ試して見てください。

(3)ハイネックトップス

『ハイネックニットにファーピアスとか大好物』(27歳/営業)

夏には絶対無理なハイネック。
やっと楽しめる季節がきましたね。
首まで隠れるので、デコルテに自信がない女性にもおすすめのコーデです。

黒やブラウン、ネイビーといったダーク色のハイネックトップスだと、クールな雰囲気になることでしょう。

また、ハイネックとネックレスを合わせる楽しみかたもあります。
ヘアスタイルも、首回りをスッキリと見せる為に、アップスタイルにすると良いでしょう。

(4)襟と合わせる

『洗練された大人のイメージだから、アウトレットデートとかで着てほしいな』(25歳/商社)

ニットトップスのインナーと襟つきのシャツを合わせると、また違った雰囲気になります。
襟をニットから出すことで、首もとがしっかりとし、優等生風のコーデができるでしょう。
白襟だと、尚更良いですね。

ニットも重ね着でいろいろなパターンを楽しむことができるので、試して見てくださいね。


いかがでしたか?
ニットはデリケートな素材でお手入れも簡単ではないですが、いろいろなコーデを楽しみながら上手く付き合っていきましょう。