彼氏が欲しいけど、なかなか出会いがないなんて悩んでいませんか?
社会人女子にとって男性との出会いは貴重なもの、全力でアピールしていかないと男性に想いは届きません。
今回は男性が思わずキュンとする「彼氏欲しいアピール」をご紹介します。

(1)「休日はいつも家で一人だよ」

『だから一緒に遊んでねって暗に言ってるとこがかわいい』(30歳/飲食)

休日に一人で自宅にいるアピールをすることで、誘ってくれたらいつでもお出かけできるよ、ということを男性に伝えましょう。
男性側も、あなたに予定がないことがわかれば誘いやすくなります。

また、休日が暇ということはデートの予定もないということを男性に対してしっかりアピールすることができます。
「彼氏欲しいアピール」で重要なのはまず、「今、彼氏がいない」ということを相手に明確に伝えることです。

(2)悩み相談をする

『二人の秘密を共有しているようで嬉しいです』(27歳/教師)

男性は女性から悩み相談を受けると「自分を信頼してくれているのかな」と胸キュンします。
積極的に悩み相談をしているうちに、彼に自分のことを知ってもらうきっかけにもなりますし、悩み相談を理由にディナーを誘ったり彼と二人きりになるチャンスを増やすこともできます。

ただし、肝心の悩みの中身が薄っぺらだと彼に幻滅されてしまうことになるので、特に悩みがないときは「誘う口実にしたかったの」と素直に伝えることをおすすめします。

(3)デートスポットには行けないアピール

『これ言われたら誘ってくれてるってことでしょ?そりゃ一緒にいくよね』(32歳/販売)

イルミネーションがきれいなショッピングモールや、人気のレジャー施設など来場者はカップルばかりで一人きりでは行きづらいスポットがありますよね。

さりげなく、彼に「一人で行く勇気がなくて」と伝えましょう。
自然な流れで彼氏がいないことをアピールできますし、うまくいけば「じゃあ俺と行く?」という返事が期待できます。

いわゆるデートスポットはロマンチックで雰囲気も良いところが多いので、当日素敵なデートができるかもしれませんね。

(4)「今度、誘ってください」

『言われた時点で二人で出かけてるとこ想像してニヤっとするかも(笑)』(29歳/広告)

比較的ダイレクトなアピール方法ですが、その分男性にしっかりと伝わりやすく彼氏欲しいアピールをすることができます。
あえて自分からは誘わないことで「あなたに誘われたい」という気持ちを伝えましょう。

このセリフは彼が自分に好意を持っているかどうかがわかりやすいです。
すぐに彼が誘ってこない場合、他のアピールに切り替えたほうが良いかもしれません。


いかがでしたか。
男性の性格によっては鈍感で彼氏欲しいアピールがうまく伝わらないことがあります。
そんなときは、諦めずによりダイレクトに想いを伝えることも考えてみてくださいね。