男性が交際相手との別れを考え始めたとき、どこかにその片鱗が見えることが多いです。
いち早くそのサインを拾って対応することは、別れを回避するために不可欠といえるでしょう。

今回は男性が別れたいときに出す危険サインを4つご紹介していきます。

(1)彼発の連絡が来なくなる

『自然消滅を狙うときもある』(23歳/アパレル)

男性はもともと連絡不精の人が多いといえます。
そのため、相手のことはそれほど好きでないと、自分から連絡しない場合がほとんどなのです。
彼女の気を引きたいとか、彼女と関わりたい……そんな愛情が原動力となっているのですね。

そのため彼が別れを意識した時、真っ先に自分から連絡を取らなくなります。
なぜなら連絡を取る必要性がなくなってしまったから。
彼女から連絡しないとコミュニケーションが取れない場合、それは危険サインのひとつです。

(2)返信が遅くなる

『もうめんどくさくなってる時期は、当然そうなります』(27歳/通信)

彼女から送るメッセージにすら返信するのが遅くなってくると、関心はかなり薄れているかも。
相手が返事を待っているという状況は、自分から連絡をする以上に緊急度が高いと言えますね。
それを遅らせてしまうということは、彼の中で彼女の優先順位が下がっているのではないでしょうか。

別に気になる相手がいて連絡を取り合っている場合も、連絡が遅くなることがあります。
返信が来ない時に電話をかけてみて話し中だったりしたら、限りなく黒に近いかもしれません。
人と会っているときも返信しなくなる傾向にあるため、食事の時間帯に何度も返ってこないのは怪しいですね。

(3)デートの約束が減る

『別れたいときにデートの約束なんて絶対しない!』(30歳/公務員)

よほど社交的な人でない限り、興味のない相手とデートの約束を定期的にたてようとは思いません。
そのため、デートの約束が減るのは、彼が彼女とのデートをネガティブに捉えている可能性が。
場合によってはそのままフェードアウトを考えてる男性もいます。

彼が忙しくて会えないという場合がありますね。
その時は、空き時間に心のこもったメッセージや電話のやり取りをしてくれるのではないでしょうか?
もし彼に気持ちがあっても放置して悲しませるのであれば、相性の問題ともいえますよ。

(4)関心がなくなる

『つまらない子だと、興味がなくなるのが早い』(24歳/IT)

興味のある相手だと、話に共感したり、質問したり、心配したりという行動につながります。
しかし別れを考え始めている場合、相手に対する関心は非常に薄れているといえますね。
そのため、会話を広げたり共感するといった行為は著しく減るでしょう。

もし彼女が体調崩したとき心配してくれなかった場合は、信頼関係が崩れている可能性が。
また、彼女の会話に関心がない様子であれば、価値観が合わないのかもしれません。
円満に続ける意思があれば、お互いに思いやりを持とうと努力するはずですね。


今回ご紹介した男性の行動が現れた時、どう対応するかで別れが決まるかもしれません。
「寂しい」と思って癇癪起こしてしまうのも、無理してズルズル続けてしまうのも、辛いところです。
できれば、些細なすれ違いもその都度話し合える関係でいたいものですね。