好きな女性にはついつい態度を変えてしまう……。
子どもならまだ分かるけど、大人になってもそうなの?と思うあなた!
男性は好きな人に対してはとても素直になるものです。

でも、そんな男性から発信される好きサインを見逃すのは勿体ない!
ここでは、女性が気が付きにくい男性の好きサインを見てみましょう!

(1)急に黙る

『話しているときにふと考えこんで、黙ってしまう』(31歳/製造)

急に黙られたら、一瞬「何か機嫌を損ねたかな……?」とドキッとしてしまいますよね。
でも、これは男性からの好きサインかもしれません!

男性は好きな人と話していると、話題を選んだり言葉を選んだり、相手の反応をうかがいながら話します。
その時に、ふと「これは言うと気を悪くしてしまうかな?」と考えてしまう瞬間があるのです。

好きな人にはなるべくきちんと話したい、そんな思いがふとした瞬間に沈黙になってしまうことがあるのです。

(2)視線を逸らす

『嫌ったりしているわけではなくって』(23歳/飲食)

急に目が合ったら思わず目を反らしてしまう……。
そんな経験、あなたにもありませんか?

目を反らされた方は嫌われているのではないかと心配になってしまいますが、そんな必要はありません!
恥ずかしかったり緊張していたりして、思わず目を反らしてしまうことは誰にだってります。

なかなか目が合わないのは、彼の好きサインである可能性があるのです!

(3)自慢話をする

『言われてみれば、ついついよく見せようとしているかもしれない』(26歳/エンジニア)

少しでも自分を良く見せたい、自分の良いところを知ってもらいたい、そんな思いから、無意識に自慢話をしてしまう男性は多いものです。

女性からすれば、過去の話を自慢して何になるのか?と疑問に思うこともあるでしょう。
しかし、それは彼なりの最大の自己アピール、つまり好きサインなのです。

よほどナルシストな男性でない限り、男性の自慢話は女性へのアプローチ、と考えましょう。

(4)地元を紹介する

『好きな人には、自分の生まれ育った場所を紹介したくなる』(27歳/メーカー)

地元を紹介する、というのは、自分の生活圏を紹介するということ。
自分のプライベートを知ってもらいたい、という気持ちの表れです。

好きでもない人にプライベートな場所を教えるメリットはありません。
相手を気に入っているからこそ自分の生活まで知って欲しいと思うのです。
もし地元を案内してあげる、と言われたら、それは好きサインである可能性が高いです!


いかがでしたか?
好きサインは一見分かりにくく、ミスリードをしてしまいがち。
男性からの好きサインにいち早く気が付いて、恋のチャンスをつかみましょう!