あなたはどんな体勢でハグをするのがお好きですか?
ハグをする際は、「正面から」するのが王道パターンですよね。
しかし実は、男性から人気が高いのは、後ろからハグをするいわゆる「バックハグ」だったんです。

「自分からハグをするのは恥ずかしくてできない!」という方でも、バックハグなら挑戦しやすいんですよ~。
そこで今回は、彼をキュンとさせるための「バックハグの時にできるテクニック」をご紹介していたいと思います!

(1)まずは「勢いをつけて」ハグ!

『驚くと同時に嬉しさすごい』(28歳/企画)

バックハグ初心者の方や恥ずかしがり屋さんの方は、まずは後ろからハグすることに慣れましょう。
といっても最初は誰でも恥ずかしいので、ちょっとお茶目にふざけながらのバックハグにチャレンジしてみましょう。

やり方は簡単で、彼の背中に「飛びつくように」抱き着いてみるのです。
あまり思いっきり飛び掛かってしまうと彼も痛いので、その辺の力加減は調節してくださいね。笑

思いがけないタイミングで後ろからあなたに抱き着かれれば、彼もドキドキするはずですよ!

(2)後ろから「優しく」包み込む

『彼女のぬくもりを感じる!』(29歳/飲食)

良い恋愛を続けるには、「ギャップ」が必要不可欠です。
いつもしているバックハグがキュートなイメージのものなら、たまにはロマンチックなバックハグにも挑戦してみましょう。
あなたで彼を包み込むように、優しくハグしてあげるのです。

腕や体にあまり力を入れすぎないように注意して、心地よい力加減で抱きしめてあげれば、彼もあなたも心から満たされた気持ちになれますよ。

(3)首に唇を近づけてみる

『すごく好き!!!って思うこれやばいね』(27歳/商社)

さて、バックハグにも慣れてきたら、少し大人っぽいバックハグをやってみましょう。
彼と2人きりのタイミングでバックハグをしたら、彼のうなじに唇を近づけて、そのまま会話してみてください。

唇はうなじに付いてしまわないギリギリの位置で、ささやくように話しかけてみましょう。
最初は彼がくすぐったがるかもしれませんが、そのうち色っぽい大人のムードが流れるはず。
いつもとは違ったハグが楽しめますよ。

(4)「背文字」を書いてみる

『子どもっぽい姿にキュン!』(33歳/美容師)

「いつものバックハグに飽きた」という方には、彼とイチャイチャできるバックハグのテクニックをご紹介。
その方法とはズバリ「彼の背中に文字を書くこと」!

彼にバックハグをしたら、まずは背中をツンツンと触ります。
「どうしたの~?」と彼から反応があったら、背中に文字を書いて「なんて書いたかわかった?」という風に聞いてみましょう。

なんだか子どものイタズラのようですが、これが結構盛り上がるんです。
お互いの背中を使って文字を書きあうのも面白いですよ。
普段は言えない「好き」の言葉を書いてあげれば、彼もキュンときてしまうこと間違いなしですね!


ハグといえば正面からするのが定番になっていますが、後ろからのバックハグもなかなか良いものです。
特に彼の顔を見ずにハグをすることができるため、恥ずかしがり屋さんにオススメです。
今回の記事で紹介したテクニックを交えれば、彼のハートをつかめちゃうかも?!