男性が女性に使う「エロい」という言葉は、実は2つの意味があります。
それは、露出度が高くすぐヤレそうという意味の「エロい」と、魅力的な色気のある女性という意味の「エロい」。

いい意味で使われる「エロい」は、いい女に使うもの。
そこで今回は、いい意味でエロい女子の特徴を、紹介していきます。

(1)品がある

『品がないと大人の色気は出ない』(31歳/営業)

下品だと思われれば、悪い意味での「エロい」になります。
いい意味での「エロい」は、品があることが特徴。
所作や仕草が綺麗、言葉づかいが美しいなど、品がある大人の色気が必要です。

大声で早口で騒がしく話す人に、色気は感じませんよね。
また、ガサツな人にも色気は感じないもの。

ゆっくりとした話し方、綺麗な言葉づかい、美しい仕草に品を感じ、色気へと繋がります。
内面からにじみ出る品格に、女性らしい色っぽさを感じ、いい意味のエロさが出てきます。

(2)曲線のあるボディライン

『だき心地がよさそうな綺麗なラインをした女性は、エロいと思う』(30歳/SE)

スリムな体形に憧れている女性も多いとは思いますが、色気があるのは健康的な体形
程よくお肉があり、女性らしい曲線があるボディラインにエロさを感じます。
そして、曲線のあるボディラインが分かる服装をしていることが必要。

ダボついた服より、ラインが分かる服を着ているほうが、女性らしい色気を感じるもの。
適度な露出も必要ですが、露出し過ぎると悪い意味の「エロい」になるので、ラインが分かる程度に留めておきましょう。

(3)イイ香りがする

『女性のイイ香りって、男心をくすぐるよね』(26歳/サービス)

香りは、その人の印象を左右します。
フワッとイイ香りがする女性は、好印象で魅力的にみえるもの。
イイ香りは、女性らしい印象と色気を作るアイテムの一つです。

柔軟剤の香り、香水、ボディクリームなど、香りを纏うものは色々ありますが、まずは自分の好きな香りをつけてみましょう。
もちろん、香り過ぎると、悪印象を与えるので注意。

男性は、自分にはない女性らしい香りを嗅ぐことで、異性として意識
そこに色気を感じ、いい意味での「エロい」に繋がります。

(4)隙がある

『隙やギャップのある女性に、色気を感じるかな』(33歳/証券)

全く隙のない、見るからにガードが堅そうな女性に、エロさは感じないもの。
ガードが緩すぎて隙がありすぎては、悪い意味のエロさに繋がりますが、ある程度の隙は大事。
隙を作るには、まずは相手に警戒心を見せないこと。

そして、無防備な姿や素の自分を少しだけ見せることが大事。
難しいならば、話し方をゆっくりにし、間を作るだけでも隙は出てきます。
近づきにくい女性よりも、話しやすい女性に隙があるように感じます。


いい意味で「エロい」女性は、魅力的でモテる女性です。
恋愛に発展させる為には、異性として意識してもらうことが第一条件。
そのためには、いい意味での「エロさ」は必要ですよ。