今日はドキドキ彼氏のおうちデート。
2人の距離を一気に縮めることができるチャンスかと思いきや、ある行動を取ってしまうと彼の気持ちは興ざめなんてことに……。

そんな事態を招かないためにも、彼氏のおうちデートで嫌われるNG行動を事前にしっかりと把握しておきましょう!

(1)彼の私物を勝手に漁る

『見られたくない物とかもあるから、いきなり漁られると困るよ』(27歳/総務)

見慣れない物が多ければ多いほど、好奇心は増しますよね。
それが大好きな彼の私物とあれば、尚のこと興味が引くのは当たり前かもしれません。
しかし、いくら彼女だからといって彼の許可なく勝手に私物に手を付けてしまうのはNG。

勝手に引き出しをあけたりラックにあるものに手を出したりしては、彼に「デリカシーがない」と思われてしまうでしょう。
落ち着いた行動を取ることが好感度が上がるきっかけにも繋がるので、彼の家に足を踏み入れたら余計な詮索は控えるようにしましょう。

(2)くつろぎすぎる

『家着いてすぐ、喉かわいたーって冷蔵庫あけた彼女には引きました』(31歳/企画)

緊張しているからといって、かしこまり過ぎると彼が返って気をつかってしまうかもしれません。

そのため少しリラックスした気持ちを持ち合わせることが、自分にとっても彼にとってもいい結果を生み出すことにつながるのです。
だからと言って、リラックスしすぎるのはNG。

彼の許可なくスマホを充電したり、勝手に冷蔵庫を開けたり……。
まるで自分の家にいるかのようにくつろぎすぎると、彼の気持ちは徐々に離れていってしまうことでしょう。
彼の家であることを念頭に置いて、何かをする場合は必ず彼の許可を得るようにしましょう。

(3)ベッドや布団に寝っ転がる

『ベッドは寝るとこだよ?風呂も入ってないのに座るとかないから』(28歳/人事)

男性によっては、外の汚れや菌を寝具に持ち込みたくないと考えている人もいます。
なかには外着のまま、寝具に背もたれされたくないという人もいるようです。
そのため初回のデートでは、ベッドや布団周辺に腰をかけない方が無難かもしれません。

ましてや、いきなり寝具に寝っ転がるなんてもってのほか。
それが原因でもう彼の家にお呼ばれされなくなる……なんて事態に発展してしまうかもしれません。
「どこでもいいから座って」と言われても、寝具周辺に腰を掛けるのは避けましょう。

(4)料理できますアピール

『キッチン周りは極力汚れないように決めた調味料や調理器具の置き場があるので、まだ付き合いの浅い彼女には勝手に触られたくないんです』(26歳/不動産)

料理が得意なら、彼に自慢の一品を食べてほしいと考える人もいるのではないでしょうか。
実際に男性は料理ができる女性を好む傾向にあるので、彼の家に行ったときこそアピールできるチャンスと考えるのも頷けます。
しかし男性のなかには、台所や料理に自分なりのルールを設けている場合があります。

そのため頼んでもいない料理できますアピールは、反感を持たれるケースもあるのです。
勝手な行動は慎んで、彼の家では彼のルールを尊重しましょう。
事前に彼と料理はどうするのか、確認しておけばいいかも知れませんね。


注意事項ばかりを見ると返って身構えてしまいますよね。
しかし何も難しく考える必要はありません。
なにをするにしても、一言彼に断りを入れる姿勢を見せれば良いのです。

彼に「また来てね」と思われる言動を心がけて、2人の愛を育んでいきましょう!