秋といえば深みのあるハッキリしたカラーのネイルがしたくなりますね。
でも、男性目線ではひかえめで清楚な印象のネイルの方がウケがいいのだとか。
今回は男性ウケも意識した「ひかえめ秋ネイル」をご紹介していくので、ぜひ参考にしてください。

(1)落ち着いた色味をベースに

『季節によってネイルまで変える子は、オシャレさんで好感が持てる』(30歳/証券)

男性ウケのいい秋のネイルカラーはどういったものがあるでしょうか?
秋といえばボルドーなどの濃い色合いが似合う季節ですね。
しかし、清楚で柔らかい印象を好む男性が多いことから、ハッキリとしたカラーは避けるのが無難でしょう。

そこでオススメしたいのが「スモーキーカラー」。
くすみ系の色合いを使うことで、優しいカラーで秋感を出すことが可能です。
また、秋ならではの柄を取り入れることで、控えめなカラーでもとっても華やかになります。

(2)べっ甲柄

『秋っぽくてイイ!』(26歳/看護士)

べっ甲ネイルは秋色との相性抜群です。
大人びた柄なので、男性にキツイ印象を与える心配もないですね。
一部の指に取り入れるだけで、控えめなカラーの中でも程よいアクセントになってくれるでしょう。

特にオススメしたいのは、スモーキーピンクやスモーキーベージュ、ココアといったカラーとの組み合わせ。
単体で使うと地味になりがちなカラーと合わせることでバランスはばっちりです。
また、セルフネイルでも意外と簡単に再現できるので、試してみると楽しいですよ。

(3)ツイード

『ここを抑えてる子はオシャレだなと思う』(28歳/美容師)

アクセント使いとしてとても可愛いのがツイード。
洋服でも秋冬にはぜひ取り入れたいアイテムですね。
ツイードはインパクトがあるので、柔らかいカラーでも一気にネイルの存在感を高めることができます。

爪先に柄を入れても、全面ツイードを1、2個くらい取り入れても可愛らしいです。
ボルドーやネイビーなどの強めのカラーと合わせることで、イメージをガラッと変えることも。
どんなカラーにも合う万能な柄なので、ぜひ取り入れてみてください。

(4)千鳥柄

『控えめな色だったらOK』(32歳/編集)

秋冬の定番ともいえる千鳥柄。
千鳥柄といえば、白黒のハッキリしたカラーのイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか?
今回オススメしたいのは落ち着いた色味の千鳥柄です。

「白×ピンク」や「白×ベージュ」といった肌なじみのいい色合いを使えば浮くこともありません。
また、こちらも主張しすぎることなくアクセントとしてgood
しっかりとした柄なので「秋感」を味わえて気分が上がりますね。


男性ウケも意識した秋ネイルはいかがでしたか?
ポイントは「くすみカラー」を使うことと「柄で秋感を出すこと」の2つでした。
ぜひ取り入れてみてください。
秋のネイルを楽しんでいただけると嬉しいです。