男性の多くは好きな女性に対して「いたずら」をしてしまうものです。
そういったところから、男性が女性を避ける=嫌いというような方程式が出来ています……。

しかしそれはもったいない!!
男性だって恥ずかしい時は女性を避けちゃうこともあるんです(笑)
そんな意外とピュアな男性。
単純に避けている場合と、好きなのに避けてしまう場合には、いったいどのような違いがあるのでしょうか。

嫌われてると絶望しないためにも、今回は好きな相手の行動が「好き避け」か「嫌い避け」なのを見分ける方法をご紹介します。

(1)拒否する際の表情

『なんか嫌いな人にはどうしても、怒り口調になっちゃうんですよ』(28歳/事務)

好きなのに避けてしまう場合には、表情で見極めることが出来ます。
口では拒否するような発言をしていても、顔には笑みがある。
などといった場合には、実際には拒否していない好き避けの可能性が高いと言えます。

逆に、拒否する際に本当に嫌そうな表情の場合には単なる避けの場合が考えられます。
そのため、拒否する際の表情は好き避けを見極める材料です。

(2)周囲からの冷やかしへの反応

『周りから固めてくっていうのかな?(笑)』(25歳/宣伝)

二人で会話をしている時、周囲に冷やかされることってありますよね。
好き避けの場合、そうした冷やかしに過剰に反応する傾向にあります。
男性もあまり自分のことをいじられたくないので、避けがちになってしまいます。

男性なりの照れ隠しなんです(笑)

逆にどうでもいい相手の場合、簡単にあしらうことが出来るようです。
周囲からの冷やかしを全力で否定している場合、好き避けの可能性が高いと言えます。

(3)連絡の返信頻度

『光ファイバーより速い俺の返信速度だぜ……』(24歳/IT)

男性はどうでもいい相手にはあまり返信をしません。
男性のレスが早くなってしまうのは、仕事の時か好きな相手からの連絡なのです。
仕事が溜まってしまうのはめんどくさいので、早めに処理したがります。
好きな相手に関しては、連絡が遅いと女性から嫌われるのでは?と考えるので早くなりがちです。

男性は基本的にめんどくさいことは嫌がる傾向にあります。
そのため、LINEの返信が遅い場合には嫌い避けの可能性があると言えます。

(4)飲み会の席が遠くなる

『近くなってしまうのは、ちょっと逆に話せない』(30歳/広報)

近頃草食系男子が流行っており、女性にアプローチできない男性が多いです。
なので飲み会の席も隣に座ろうとはしないのです。

恥ずかしり屋さんですね(笑)

ただ、女性のことは目に入れておきたいのでちょっと目が届くところに座ろうとします。
帰りがけに少し声をかけたり、ちょっとチラ見したりする男性も多いようです。
視線を少しでも感じたら好き避けの可能性が非常に高いです♡


好きな相手の行動が「好き避け」か「嫌い避け」なのかを見極める方法は様々あります。
男性の態度を注意深く観察することで、好き避けを見抜くことが出来ます。
周囲にそうした男性がいないか、今一度思い返してみてはいかがでしょうか。