今回は男性が嫌がる女性のNG性癖に密着しました。
男性の本音を暴露していくので、ちょっぴり過激な性癖を持っている人は要チェックです!
うっかり提案してしまうことがないよう、特に注意したいNG性癖4つを事前に把握しておきましょう。

(1)度が過ぎるSまたはM

『ついていける程度でお願いしたい』(31歳/営業)

Sな女性を好む人もMの女性を好む人もいますが、度が過ぎるSまたはMに関しては消極的な意見が目立ちます。
特に痛い思いをしたりさせたりするプレイ内容や、道具を何個も使用するプレイ内容はチャレンジしにくいようです。

もちろん一部の男性には非常に評価が高いですが、自分から提案を行うのは控えた方が良いかもしれませんね。

(2)露出をしたがる

『他の周りの男の目がイヤだ』(26歳/広告)

露出をすることで興奮を覚える女性もいるのではないでしょうか。
もちろん、好意を抱いている女性の恥ずかしい姿を見ることができるのは嬉しいという意見が多いです。

しかし、他の男性に見られるリスクを負うのはやはり複雑なんだとか……。
あなたに対する気持ちが強ければ強いほど、過激な露出は断られる可能性が高いので注意しましょう。

(3)3P(男2:女1)

『他の男が介入してくるのはちょっと……』(28歳/エンジニア)

2人の男性が1人の女性と行為を行う3Pも、男性側からは不評なようです。
「男性の裸なんか見たくない」という意見も多いですが、やはり「好きな女性が他の人と行為をしている姿なんか見たくない」という意見が最多。

そのため、こちらも露出プレイと同様あなたに対する気持ちが強ければ強いほど、断られる可能性が高いといえるでしょう。
3Pに関心がある人は、後腐れない関係の人と行うのが1番かもしれませんね。

(4)アナルセックス

『いくら大好きな彼女でも、ちょっと受け入れられないかも……』(23歳/サービス)

「どうしても汚いイメージがある」「過激すぎる」とのことで、特に低評価の声が多かったアナルセックス。
「女性から提案されたら間違いなく引いてしまう」という意見が多数寄せられていたので、念のため自分から誘うのは控えた方がいいでしょう。

本当に信頼関係が築けている相手もしくはアブノーマルな行為が好きな異性にのみ、受け入れてもらえるかもしれませんね。


男性は性欲旺盛な生き物ですが、それでもやはりNGな性行為があるようです。
今回挙げた4つの内容は特に男性からマイナスな意見を寄せられていたので、自分の性癖に当てはまる場合は注意しましょう。