今回は男性が思わず心配してしまう、余裕がない女性の特徴を4つ紹介していきます。
感情のままに行動をしてしまう人は知らないうちに男性から警戒されているかも……。
1つでも当てはまる人は要注意です。

(1)周りへの配慮がない

『自己中女は滅びればいいと思う(笑)』(24歳/営業)

自分のことでいっぱいいっぱいになってしまうと、周りに目を向けることができなくなります。
本人も自己中心的な考えをしているつもりはありません。

しかし、周囲の人から見るとその態度は「冷たい」「配慮が足りない」などのマイナスなイメージがまとわりついてしまうのです。
自分が周りにどのように映っているのか客観視してみると、心に余裕が生まれるかもしれませんね。

(2)イライラしている

『単純に一緒にいて困る』(26歳/営業)

常にイライラしている女性は、心に余裕がない証拠。
これは思い通りの結果が得られないことが尾を引き、イライラが自分のキャパシティを超えてしまうことが原因だと考えられています。

また、イライラとした感情は周りにも連鎖するので、その場の雰囲気を悪くすることもしばしば……。
そうなると自然と周囲の人は離れていってしまうでしょう。

まずは、自分がなぜイラついているのかということを明確にして問題を少しずつ解決していきましょう。

(3)常に1番でなければ気が済まない

『あ、無理ですね(笑)』(29歳/管理)
心に余裕がない人は、常に自分が注目を浴びたいという欲求を抱えています。
そのため、「幸せな人が許せない」「誰かがチヤホヤされてたら嫌だ」なんてネガティブな思考を知らず知らずのうちに持ち合わせてしまっているのです。

この状態を改善するためには、まず自分の立ち位置を明確に導き出す必要があります。
「人は人、自分は自分」と割り切ることができなければ、掴めるチャンスさえ逃してしまうかもしれません。

まずは身の回りにある幸せを大切にして、心に余裕を生み出すことから始めてみましょう。

(4)ストレス解消法がない

『いい大人がこれやっちゃってると…イタイ』(31歳/人事)

ストレスを常にため込んでいては、心に余裕はできません。
そればかりか、ストレスが原因で神経質な体質になってしまうこともあるのです。

そうなってしまうと、ちょっとしたことで気持ちが沈んだり感情がコントロールできなくなったりとあなたの魅力は影を潜めることになるでしょう。

しかし、逆を言うと自分にあったストレス解消法さえ身に付けることができれば負の感情は払拭できるということになります。
スポーツや映画鑑賞、釣りなどたまには自分の好きなことに没頭して余裕のある生活を送ってみてはいかがでしょうか。


余裕がない女性は、知らず知らずの間に自分の魅力を少しずつ低下させています。
心にゆとりを生み出すことで改善されるケースが多いので、まずは自分のなかにある不満やストレスを解消することから始めてみてはいかがでしょうか。