初めてのデートのあとは、相手がデートを楽しんでくれたかどうか、そして相手があなたのことをどのように感じたのかがとても気になりますよね。
デートの後にくるLINEで、彼の気持ちを知ることができるのです。

今回は、デートの後にくる「脈なしLINE」についてご紹介します。
ぜひ参考にしてください。

(1)短文すぎるLINE

『本気になれない相手に基本アフターフォローはしない』(29歳/証券)

デートの後にすぐLINEがくると、とても嬉しいですよね。
しかしすぐにLINEがきたからといって、相手があなたに気があると思い込むのはやめたほうが良いでしょう。
「今日はありがと!」など短文すぎるLINEは、相手がただ形式的に送っている場合があるのです。

つまり男性からデート後すぐにLINEがきても、あなたのことを気遣う言葉もなく形式的なLINEの場合は相手はそれほどあなたに興味がないと言えるでしょう。
また相手があなたに気がないのであれば、短文のLINEに返信しても彼から返事がこなかったり、すぐに彼はLINEを終わらせてしまうのです。

(2)デートの感想が書かれていない

『相手に勘違いされても困るしね……』(25歳/アパレル)

デートの後のLINEでは、デートが楽しかったお礼を送るのが一般的でしょう。
男性が好きな子とデートした場合、デートが終わった後でも一緒に過ごした余韻に浸っていて、LINEにデートの感想を書かずにはいられないはず。

「今日はすごい楽しかったね!」や「一緒にいられて嬉しかったよ!」など、彼がドキドキしていた気持ちが書かれているのであれば、彼はデートをとても楽しんだことがわかるでしょう。
しかし彼がデートをどのように感じたのかが全く書かれていないのであれば、彼にとってデート中にドキドキするようなことはなかった可能性があります。

(3)次のデートの提案がない

『これがないんだったら脈ナシに決まってるでしょ!』(27歳/会社員)

男性は好きな女性とデートした後は、またその女性に会いたいと感じているのです。
そのため、デート後のお礼LINEで次のデートを匂わせるような言葉を送ります。

具体的なデートの日時の提案でないとしても、「また会えるかな?」や「次のデートの楽しみにしてるね。」など、また会いたい気持ちがあることを示すもの。
次のデートを匂わせる言葉が全くない場合、彼はあなたにもう一度会うことができなくても構わないと感じているかもしれません。

(4)LINEが遅すぎる

『だって……どうでもいい相手だもん……(笑)』(24歳/サービス)

大好きな女性とデートした後は、男性はすぐにでもその女性にLINEを送りたくなるはずです。
デートで別れたすぐ後、もしくは女性が帰宅したタイミングを見計らってLINEを送る男性は多いのではないでしょうか。
しかしデート後にLINEがなかなか来なかったり、翌日にお礼のLINEが来たのであれば、彼にとってはあなたにお礼のLINEを送る優先順位がそれほど高くないことを意味します。

特に翌日にお礼のLINEが来たのであれば、彼はお礼LINEをすることを忘れていた可能性もあるのです。
LINEが来るタイミングで彼の気持ちを知ることができるということを覚えておきましょう。


いかがでしたか?
今回は、デートの後に来る「脈なしLINE」についてご紹介しました。
彼の気持ちを知るためにも、初デート後のLINEはしっかりとチェックしてくださいね。