みなさんは、大好きな彼とのデートで、手を繋ぎますか?
繋ぐのであれば、どういった感じで繋ぎますか?

しかし、堂々と自分から手を繋ぐのは恥ずかしい女性も多いことでしょう。
ここでは「男が惚れるされげない手繋ぎ術」についてみていきます。

(1)確認する

『こっちも結構タイミングみてたりする』(26歳/通信)

とりあえず、彼があなたのことをどう思っているかが大切です。
「いくらあなたが彼と手を繋ぎたい!」と思っていても、彼がそう思っていなければNGということ。
友達としかみてなかった女性から、いきなり手を繋がれると、嫌な気持ちになる男性もいるかもしれません。

ですので、手繋ぎ作戦を実行する前に、まずは彼の気持ちを確認してみましょう。
腕や肩にさりげなくソフトタッチしてみて彼の反応をみたりするのも良いですね。

普段の関係のなかでの2人の距離感も、参考にしてみるのもOK。
「彼は手を繋いでくれる」と確信したら、実行してみましょう。

(2)「手を繋ぎたいな……」

『可愛く言ってくれたら最高♡』(24歳/販売)

女性が自分と手を繋ぎたいと思っているなんて、男性はきっとわかりません。
そういったことは、男性が思うことで、男性からすることだと思っている人もいるかもしれません。
そんな男性には、ストレートな言葉で伝えていく必要があります。

「手を繋ぎたいんだけど……」
「ねぇ、手繋ごう?」
といった感じ。

きっと、「俺と手を繋ぎたいのか!」とそこで初めて気付くかもしれないですよね。
少し勇気がいりますが、自分から手を繋ぎそうにない男性には効果的です。

(3)お酒の力をかりる

『酔ったら自然とそんな雰囲気になるよね』(30歳/福祉)

お酒の力をかりることが出来るのは、大人の特権ですよね。
男女間での駆け引きなどでは、お酒は最大の味方になる場合があります。
ここでもそう。
お酒を交わして、ほろ酔いになってきた頃がタイミング的にはオススメ。

彼の手にそっと自分の手を重ねるのもアリですし、指を絡めるのもアリ。
「酔っちゃった、少しくっついてていい?」といって手を握ると、男性は喜ぶでしょう。

(4)寒そうにする

『男としてもキッカケができていいかも』(29歳/看護士)

女性が寒そうに手をこする姿は、男性にとってキュンとする光景のようです。
なので、「寒くなってきたね」といって彼の前で手をこすったりしてみましょう。

自然と彼のほうから、あなたの手を握って、そのままは繋いでくれるはず。
「こうすれば寒くないよ」といった感じで、その繋いだ手をそのまま彼のポケットに入れてくれたら完璧ですよね。
冬にできるテクと思われがちですが、夏でもエアコンが効いた屋内でできるのでオススメ。


いかがでしたか?
手を繋ぐというのは、その2人にとっても、かなり進展があることのはず。
大好きな人と手を繋げるように、ぜひ実践してみてください。