男性は気になる女性と過ごしている時は、女性のことをもっと知ろうとして色々なことを話したり質問したりします。

しかし女性の受け答えや振る舞いによっては、「あれ?この子は彼氏が欲しくないのかな?」と感じてアプローチをやめてしまうこともあるのです。
今回は、男性が「この子って彼氏欲しくないのかな?」と感じる瞬間についてご紹介します。

ぜひ参考にしてください。

(1)一人の時間が大好きすぎる

『一人で過ごせる子って、付き合ったらめんどくさくないっていうメリットもありそうだけど』(34歳/会社経営)

誰にとっても、一人で過ごす時間は大切なものでしょう。
しかしあまりにも一人で過ごす時間が大好きすぎる女性は、彼氏を作ることに興味がないと思われてしまうかも。

彼氏ができると、多くの時間を一緒に過ごすことになり、一人で過ごす時間が減ることになります。
そのため一人の時間が大好きすぎる女性は、「彼氏と過ごす時間すら面倒だと考えるのかもしれない」と相手に思われてしまうのです。

(2)多趣味すぎる

『男が入るスキがないように感じる』(26歳/企画)

多趣味すぎる女性も、彼氏を作ることに興味がないと思われてしまうことがあります。
休日は趣味のために常に忙しく動き回っているという女性は、付き合ったとしても彼氏のために時間を割く努力をしないように思われてしまうのです。

また多趣味で今の自分の生活を大いに楽しんでいると、現状にとても満足しているように見えるため、「彼氏は必要ないんだな」と周囲は感じるのでしょう。
自分の趣味を持つことはとても大切なことではありますが、彼氏が欲しいのであれば趣味で忙しくなりすぎるのは控えた方が良いのかも。

(3)常に女友達との予定を優先する

『そっちの気があるのかな?とも思ってしまう』(24歳/営業)

同性の気の合う友達は、一緒にいてとても楽しく様々なことに共感できる大切な存在。
しかし女友達を大切にしすぎて、男性との出会いのチャンスがある飲み会をキャンセルしたりなど男性と出会うことに消極的になっていると、「彼氏を作ることに興味ないのかな?」と思われてしまいます。

常に女友達との予定を優先したり、休日は常に女友達と遊ぶ予定で埋めたりするのは控えましょう。
彼氏が欲しいのであれば、女友達を大切にしながらも、男性と出会ったり話したりする機会を大切にするべきなのです。

(4)元彼の愚痴をよく言う

『実はまだ好きだから言ってるんじゃないの?』(30歳/講師)

元彼の愚痴を頻繁に言う女性も、「彼氏いらないのかな?」と周囲から思われてしまうことが。
あまりにも元彼のことをグチグチ言っていると、「恋愛に懲りて、しばらくは独りになりたい」とアピールしているように見られてしまうのです。

過去の恋愛に嫌な思い出がある場合でも、いつまでも引きずって愚痴をこぼし続けるのはやめましょう。


いかがでしたか?
今回は男性が「この子って彼氏欲しくないのかな?」と思う瞬間についてご紹介しました。
自分の振る舞いによっては、彼氏を作るチャンスを逃してしまっている可能性があります。
彼氏が欲しいのであれば、ぜひ自分の振る舞いを振り返ってみてくださいね。