あなたは、キスで彼を満足させていますか?
自信を持って「はい」と言える人は、少ないかもしれませんね。

しかし、キスはカップルにとって、愛情表現をする大事な行為の一つなので、おざなりにしていては、彼との愛情も冷めてしまうかも!
そこで今回は、彼が夢中になる情熱キスを、紹介していきます。

(1)おかわりキス

『キスが終わった後に、また彼女からキスをされると、求められている実感があるよね』(30歳/IT)

彼からのキスを待つばかりの受け身になっていませんか?
たまには、自分からキスをすることも必要。
しかし、ずっと受け身でいたのなら、自分からキスをねだることは難しいですよね。

そこで、彼がキスをしてきて唇が離れたら、今度は自分からおかわりキスするようにしましょう。
1度キスした後なら、自分からキスするハードルは低くなります。

「もっと彼とキスしたい」という気持ちが伝わるので、彼は愛情に答えてくれたと嬉しく感じるもの。
どうしても自分からは恥ずかしくてできない場合は、彼に「もう1回キスしたい」と伝えてもOK。

(2)唇を這わせるキス

『彼女が焦らすようなキスをしてきた時は、かなり興奮してヤバかった』(29歳/サービス)

あなたからキスする時、彼の唇を這わせるようにキスしてみましょう。
ピッタリ唇を合わせるのではなく、愛撫するようなキス
もちろん舌を絡ませるようなことはしません。

焦らされることで、彼の興奮はアップ!
待ちきれずに、彼の方から情熱的なキスをしてくれます。
彼の唇に触れるか触れないかぐらいのところを、ゆっくりと這わせてみて。

(3)唇を離しながら何度もキス

『何度も何度も繰り返すキスが好き』(26歳/不動産)

何度もキスをすることで、徐々に情熱的になるもの。
お互いが求め合うような情熱的なキスは、それだけ相手を愛おしいと思っている証拠。
何度も何度もキスをすることで、離れられないキスになります。

ここで重要なことは、唇を1度離すこと。
短いキスや長いキスの合間に、唇は離れるようにします。

そうすることで、キスにリズムができ、ドキドキするようなキスになるもの。
キスにリズムをつけることで、興奮度が増しますよ。

(4)息が出来ないほどの長いキス

『お互いが唇を離さない情熱的なキスは興奮する』(33歳/商社)

リズムのあるキスをすることは大事ですが、たまには情熱的なキスも大事。
2人の唇が離れず、息が出来ないほどの長いキスは、興奮するもの。
無我夢中で相手の唇を離さないキスは、お互いの愛情をとても感じます。

ただし、このキスはたまにするからこそ、新鮮に感じ情熱的になるもの。
毎回では新鮮味がなくなるので、たまにするようにしましょう。
また、2人のテンションが同じで、激しく求め合っている時に有効です。


キスをすることで、お互いの愛情を感じますよね。
それだけ、カップルにとってキスは大事なものなので、彼を夢中にさせる一工夫は必要。
たまには、情熱キスで彼との愛情を確認し合うことは、とても大切なことですよ。