見た目も性格もいいはずなのに、恋ができない……。
そんなふうに思ことはありませんか?
もしかすると、ちょっとした所に落とし穴があるのかもしれません。

例えば、モテが遠ざかっている原因のひとつに食事の時の仕草や行動があるようです。
そこで今回は、男がドン引きする食事デートマナーを紹介します。
自分の行動を確認してみてください。

(1)寄せ箸

『育ちの悪さが露呈する。いい女でも一気にないわってなる』(28歳/営業)

自分にとっては普通でも、他人から見るとドン引きされてしまうのが食事のマナー。
そしてついやってしまいがちなのが、お箸に関する仕草です。

特に合コンなど人が多いところではお皿が遠くにあったりします。
気を利かせたつもりで箸で近くに寄せたのが、ドン引きされる原因かも。

寄せ箸は人が見ているところでも見ていないところでも封印しましょう。

(2)食べないのにたくさん注文する

『後半、食べてって言われるけど、こっちもたべざかりの高校生じゃないんだから限度がある。食べられる分だけ頼んで欲しい』(30歳/人事)

好きな人とのデートはテンションが上がっていろいろと頼みたくなることがあります。
で、結局たべられないから男性にお願いする一連の流れ……。
経験はないでしょうか?

その場で男性は快く食べてくれても、「食べられないくせに頼むな」と怒り心頭の方も多いようです。
マナー的に残すのもよくありません。

(3)クチャラー

『一緒に食事するのが嫌になる。無理ですね。周りの友達は言ってくれないのかな……』(34歳/コンサル)

これは男性も女性もNGなドン引き仕草。

ちょっとぐらいいいじゃないと思っている人もいるかもしれませんが、相手の口の中が見えると食欲がなくなる人もいます。
笑う時は必ず手を当て、口の中にたべものが入っていない時に喋りましょう。

(4)お箸で料理をつつきまわる

『え?食べないのに?ってなる。ちょっと付き合うのは無理ですね』(33歳/不動産)

自宅ではもしかしたら許されていたのかもしれませんが、外でやるとドン引きされる迷い箸

他人が使っているお箸でつつかれた料理は食べる気はしません。
それを普通にしてしまう神経にもドン引きです。
マナー違反な行為だということを念頭において、やめましょう。


若い、社会に出たばかりだと仕方ないと思われる仕草も一部あるかもしれません。
が、アラサーになってそれをしているとドン引きされてしまいます。

食事のNGマナーは、今まで注意してくれる人がいなかったのか、やめる気がなかったのか分かりません。
でもその仕草一つで上品な大人の女性には程遠い印象を与えてしまうのです。

「まあいっか」を卒業して、きちんとした食事マナーでデートを楽しみましょう。