明日は楽しみにしていた彼とのデート!
でも何を話そう、うまく喋れなかったらどうしよう……。
そんな風に考えると、緊張して夜も眠れませんよね!

そこで今回は、デートで会話に詰まった時に使えるテクを4つご紹介します。

(1)相手のファッションをほめる

『褒められたら悪い気はしないし、素直に嬉しい』(31歳/金融)

デート中の会話の目的は、相手に楽しんでもらうことです。
そのためには相手のコーディネートやファッションアイテムをほめましょう!

彼が飛び抜けておしゃれじゃなくても大丈夫。
「そのシャツ似合うね」「どこの時計してるの?」など、まずは彼のチョイスに気づいてあげることが大事です。

嘘をつく必要はなく、いいと思ったところは積極的に口に出していく、というイメージで会話を楽しみましょう。

(2)リアクションはしっかり取る

『リアクションがいい子は会話していて楽しい』(27歳/コンサル)

ちょっとでも会話が始まったら、キャッチボールは大事にすることです。
彼が投げたボールはきっちりキャッチし、いい方向に投げ返してあげてください。

彼が話す内容をひとつずつ受け取って、反応して、場合によっては広げていく

難しく思うかもしれませんが、何も笑いを取ることを目指さなくてもいいのでそれほど頭を使うことはありません。
彼が話したいことは何かを察し、聞き出してあげればいいだけです。

(3)あえて沈黙を楽しむ

『自分も喋るのが得意ではないけど、一緒にいて落ち着く関係ならそれでいい』(28歳/不動産)

焦って話を盛り上げようとするのが、そもそも間違いなのかもしれません。
彼とあなた、二人ともお喋りなタイプじゃないのなら、それを楽しめる関係でいてもいいのではないでしょうか?
あえて沈黙の時間を楽しんでみましょう。

手をつないだり寄り添ったりして、ただじっとしている時間が心地よければ、それも二人の関係を深めてくれるはず!
喋ればいいというものでもない、と思えるかもしれませんよ。

(4)会話に詰まったことをネタにする

『緊張してるのはお互い様だから、素直に伝えてもらえると楽になる』(26歳/営業)

これは最終手段です!
会話に詰まって、少しでも気まずいと思ったら「緊張してうまく話せない」と切り出してみるというテクニック。

あなたから緊張の気持ちを自己開示していくことで、彼も安心して気持ちを話してくれるようになります。

緊張するね、と二人で笑い合えれば、たとえうまく話せなくても十分ですよね。
うまく喋ることより、お互い心をオープンにして接することの方が重要です。


いかがでしたか?
デート中、会話に詰まることはよくあることです。
時にはちょっとしたテクニックを使って、その場を乗り切ってみてくださいね!