彼氏が欲しいと焦っている女性は、知らず知らずのうちに男性が引くような行動をとっています。

そうした行動のせいで男性に引かれてしまったら、なかなか彼氏は出来ませんよね。
男性が引くようなNGな行動とは、いったいどんな行動のことを言うのでしょうか。

そこで、彼氏が欲しくて必死な女性がやりがちな行動についてまとめてみました。

(1)誰か紹介してとしつこく迫る

『そんなに男に飢えてるの?と思ってしまう……。あまりいい印象ではないですね』(28歳/不動産)

彼氏が欲しくてたまらない女性は、男女問わず周囲の友人に誰か紹介してと迫ることがあります。

そうした行動から、女性の必死さが伺えますよね。
あまりにも必死過ぎると、男性に飢えているという印象に繋がってしまうことも。

男性はそうした女性を非モテと捉え、引いてしまうことにもなりかねません。
そのため、誰にでも男性を紹介してと迫ることは控えましょう。

(2)理想が高過ぎる

『イケメンで高収入で……。なんてどの立場で言ってるの?と思います』(27歳/金融)

周囲に自分の理想のタイプを語る女性は、男性から痛いと思われがち。

高収入、イケメンなど、理想が高いことを堂々と話す女性っていますよね。
そうした発言に男性は、「だから彼氏が出来ないんだよ」と思います。

そして誰かを紹介する気が失せてしまいます。
そのため、理想のタイプは自分の中だけでとどめておきましょう。

(3)恋愛の話題が多い

『それしか話すことないのかよって呆れる……』(31歳/コンサル)

恋愛の話題が多い女性は、男性につまらないと思わせてしまいます。
「そんなに恋愛がしたいの?」と思われて呆れられることも。

男性は女性に比べ、恋愛の話題に対する興味が薄い傾向にあります。

そのため、話が盛り上がらず相手を楽しませることが出来ません。
そうならないためにも、男性がいる場面での恋愛の話は極力控えることをおすすめします。

(4)男ウケを狙った服装

『あまりにもあからさまなのはちょっと引く』(29歳/営業)

彼氏が欲しいと思っている女性は、ついつい服装に男ウケを意識してしまうようです。

露出度が高い服装や、ぶりっ子に見える服装は、やりすぎ感が出てしまうことも。
特に、露出度が高い服装は遊んでいる印象に繋がり、男ウケはしない傾向にあります。

そのため、彼氏が欲しいからといって服装に影響が出ないよう注意が必要です。
自分らしさを忘れることなく、自然体を心がけましょう。


彼氏が欲しくて必死な女性は、無意識のうちにNGな行動を取っているようです。
自分がそうした行動を取っていないかを振り返り、引かれないよう注意して男性と接するよう心がけましょう。