一重、奥二重の女性にぴったりなアイメイクを知りたいという方。
オシャレに一重、奥二重の魅力を引き出すにはいったいどのような方法があるのでしょうか。
秋のトレンドを取り入れることで、誰でもオシャレにメイクを楽しむことが出来ます。

そこで、一重、奥二重向けの「秋カラーメイク」をご紹介します。

(1)オレンジ、グリーン

オレンジとグリーンで秋色を演出する方法としては、アイホールのキワにグリーン、残りはオレンジで囲うのがおすすめ。

下まぶたのキワにもオレンジをのせ、残りはピンクにすることでうさぎアイを演出。
全体のバランスを意識し、濃くなり過ぎないよう心がけましょう。
ブラシで色を乗せた後、指で馴染ませると自然な仕上がりになります。

(2)赤みブラウン

赤みブラウンは秋にぴったりのカラーの一つ。

上下のまぶたの目尻から黒目に黒目下に重ね、さらにラメをのせることで目元を綺麗に見せることが出来ます。
ラメは韓国っぽさを引き出すことにも繋がるのでおすすめのアイテム。

秋にぴったりの赤みブラウンにラメをプラスすることで、一重、奥二重にオシャレ感を演出しちゃいましょう。

(3)ソーダブルー

ソーダブルーは薄っすらのせることで透明感を引き出します。
ソーダ色はマットなベージュなどのカラーとの相性が非常に良いです。
そうした相性の良いカラーの上に薄っすらソーダブルーをのせるのがおすすめ。

彫りが深く立体感を引き出すことに繋がるマットなベージュ。
さらにソーダブルーを重ねることで、ピュアな印象をプラスすることが出来ます。

(4)マットブラウン

マットブラウンはグラデーションを意識する際には欠かせないアイテム。
マットブラウンで目元を優しく囲い、ぼかしを加えながらグラデーションをつけていきます。
その際には、薄め、濃いめのブラウンを上手く活用し、立体感を引き出すのがポイントになります。

マットブラウンはそれだけでは地味な印象に繋がるので、アクセントを入れるのがおすすめ。
リップを濃いめの赤にするなどの方法で、地味になり過ぎないよう意識してみましょう。


一重、奥二重向けの「秋カラーメイク」を取り入れるには、色合いが重要な鍵となります。
秋っぽい色をチョイスすることで、季節感のあるオシャレなメイクを楽しんでみてはいかがでしょうか。