「ファッションは男のためにしているんじゃない!」という女性も多いと思いますが、好み云々ではなく、男性が許せないファッションがあるようです。
それは一体どんなものなのでしょうか。

今回は男性が許せない女性の服装を紹介します。
自分の普段の服装を振り返ってみてください!

(1)オフの日もオフィスカジュアル

『ギャップがなくてがっかりしてしまいますね笑。あと仕事人間感が強すぎる……』(30歳/金融)

効率的で活かせるからと仕事着に寄せたものばかり買っていませんか?
スマートに仕事ができる女こそ、オフの服装が男心を掴みます。
そのギャップがないことに、男性はしょんぼり、がっかりしてしまうようです。

(2)さして興味のないバンドのTシャツ

『自分の好きなバンドT着てたので話しかけたらさして聴いてないようだった。元彼にもらったときいて更にサーって引いた』(33歳/IT)

男性は趣味の話になるとうるさいもの。
元彼からもらったバンドシャツや、友達の付き合いで行ったライブのTシャツなどを気軽に着ていませんか?
Tシャツをきっかけにグイグイ絡んできた男性がいても、知識のなさにがっかりされてしまうようです。

男性は共通の会話ができると、期待値があがってしまっています。
過剰に期待させたぶん、知識や興味のなさにがっかりしてしまうようです。

(3)下着が見える露出ファッション

『パンツやブラの紐が見えるのがセクシーって勘違いされてるとイタい。目に入るし、注意できないし、困る』(34歳/コンサル)

見せて出すセクシーは若さの特権です。
まだまだいけると思って、肌見せ、下着見せファッションをよしとしていませんか?

男の視線が集まっているからと言って、好意的なものばかりとは限りません。
見てしまうからこそ、許せない!という気持ちになるようです。

(4)露出からのムダ毛

『デコルテ見せや肩見せは嬉しいけど、注目される分ムダ毛処理はしておいて欲しい。見えるとすごくがっかりする』(32歳/営業)

つい気を抜いたのが命取り。
ムダ毛処理を甘く見ていませんか?
男性は女性には毛がないもの、くらいに思っています。

だからムダ毛が見えた瞬間のガッカリ感はとても大きいんです。
どんなに可愛くても、そこが気になって恋も始まりません。


男性は服装なんてちゃんと見てないと、たかをくくって気を抜いていませんか?
そんな見られたくない部分や、気を抜いた部分はしっかり見られているなんてショックですよね。
でも逆に、男心を知り、きちんとしていれば、服装でがっかりされることは減りそうです。