付き合っている期間が長いカップルは、日頃どのようなやり取りをしているのでしょうか。

今回は長続きしているカップルのLINEに密着して長続きする秘訣を暴いていきます。

(1)無理に会話を続けない

『話すこともないのにダラダラとLINEされてもちょっと困る』(32歳/営業)

長続きしているカップルは、無理に会話を続けようとしません。

続けたかったら続ける、終わりたかったら終わるというのは一見身勝手な考えのようにも思えますよね。
しかし、無理に相手に合わせる必要性がないのは自分が自然体でいられる証拠でもあるのです。

彼があなたとのLINEは自然体でいられる場所と認識できれば、今よりも関係は良好になることでしょう。

「会話のネタがない……」と悩むことが多い人は、たまにはそのまま終わらせて彼の反応を伺ってみてはいかがでしょうか。

(2)時にはスタンプで会話をすませる

『彼女とはスタンプだけで会話することもよくあります。笑』(27歳/コンサル)

自分の思いや感情を一言で表すことができるスタンプを日頃から多用している人も多いのではないでしょうか。
長続きしているカップルは、このスタンプも上手く活用しています。

「スタンプだけのLINEなんて手抜き」という意見も挙がっていますが、そもそもお互いのことを分り合っているカップルに余計な言葉は必要ないのです。

いきなりスタンプだけだと淡泊になるので、最初は言葉とスタンプを活用してみるといいかもしませんね。

(3)大事な話は電話をする

『彼女と喧嘩して仲直りする時はLINEじゃなくて直接会いに行く。行けない時でも絶対に電話しますね。』(26歳/不動産)

LINEは非常に便利ですが、何から何までLINEで済ませてしまうというのはあまりおすすめしません。
大切な話であれば尚更、文章だけでは気持ちが伝わりづらいですよね。

そのため、長続きするカップルは大切な話にLINEを活用しません。
電話を使う、もしくは直接会って話すケースが多いのです。

LINEもいいですがしっかりと使い分けて、メリハリを大切にしましょう。

(4)既読スルーは気にしない

『ついつい既読スルーしちゃったときに、しつこく催促されるのは正直怖い』(30歳/金融)

「なんで返事くれないの?」「既読してるくせに……」なんてことで喧嘩をしていませんか?
確かに既読はされているのに返事がないと、モヤモヤしてしまう気持ちも分かります。

しかし、時には気分が乗らないときや本当に忙しいときだってありますよね。
にも関わらず返事を催促してしまうと、彼も嫌気がさしてしまうでしょう。

長続きしているカップルはお互いのことを信頼しているからこそ、既読スルーなんて気にしません。

気になる気持ちをグッと堪えて大きく構えていると、徐々に信頼関係を築いていけるかもしれませんね。


長続きしているカップルは、LINEにルールを設けないケースが多いです。
お互いの負担にならないようにLINEを楽しむことが、長続きをする1番の秘訣なのかもしれませんね。