大好きな恋人とのキスは、とても大切ですよね。
その時間そのものが貴重のはず。

また、キスにも色々な種類があります。
みなさんは、普段どんなキスをしていますか?

大好きな彼をとのキスを、いろいろと試してみるのも良いですよね。

ここでは、「男性の本能をくすぐるねっとりキス」についてみていきましょう。

(1)ピクニックキス

『普段のキスと違って少しドキドキします』(26歳/コンサル)

ピクニックキスとは、唇は重ねずに、お互いの舌だけでキスをする方法です。
普通の唇同士のキスではないので、あまり慣れないかもしれませんが、新鮮で楽しめるキスといえるでしょう。

また、お互いの舌の感触を味わえるのでより興奮するはず。
力を抜いて舌を柔らかくして、ねっとり感をだすとよりGOOD。

ねっとり感をだすことによって、とてもセクシーなキスになります。

(2)インサートキス

『こんなキスを彼女にされたら正直たまりませんね。笑』(28歳/営業)

インサートキスとは、お互いの舌を包み込みあうキスのこと。
ピクニックキスとはちがって、唇は触れ合っている状態です。

自分の下を相手の舌で包み込んでもらったり、相手の舌を自分の舌で包み込んだり…。
そうしていくうちに、ねっとり感が増していくはず。

そして、吐息が漏れはじめ、とても興奮するキスになっていくことでしょう。

(3)オブラートキス

『襲わずにいられるでしょうか……誘ってるでしょ?って思ってしまう。笑』(31歳/不動産)

インサートキスも大人でセクシーなキスですが、もっと刺激が欲しい!という人にオススメなのがオブラートキス。

オブラートキスは、インサートキスを激しくしたもの。

お互いの舌を包みこむだけじゃなく、強めに吸ったりするキスです。
なので、より刺激がありますよね。

時には優しく、時には強く、強弱をつけると良いでしょう。

きっと聴覚を刺激する音も激しくなるはず。
それによって興奮度がさらにアップするでしょう。

そのまま襲われちゃうこともあるかも。

(4)キャンディキス

『口移しを受け入れてもらえるのって実は嬉しい』(26歳/アパレル)

キャンディキスとは、口に含んだキャンディを相手の口に移すキス、すなわち口移しです。
相手を信頼していて、心を開いているからこそできるキスかもしれません。

口移しは唾液も一緒に口に移されるのを承知の上で、受け入れるので貴重な行為ですよね。

キャンディを口移しするので、キャンディキスと呼びますが、チョコでもありです。
ぜひ試してみてください。


いかがでしたか?
キスは少し緊張しますが、相手との愛情を確認しあう大切なことです。

それに加え、男性に刺激を与えられるキスができるようになれば完璧ですね。