意中の人といい感じになり、キスをした後ってつい舞い上がってしまいます。
それは男性も同じこと。

そんな時こそ、男が惚れてしまう「キス後の一工夫」が大切!
更に恋愛熱をあげる方法を、ここでこっそり伝授します。

(1)「もう一回して?」のおねだり

『可愛くて悶絶……もちろん、もう一回します!』(30歳/不動産)

ただキスして終わりではなく、可愛くおねだりすることで男心をぎゅっとつかむ方法です。
男はお願いされるのが大好き。
上目づかいで、可愛くおねだりしてキスの延長戦を楽しみましょう。

(2)唇以外にもキスをして挑発

『そのまま流れるようにほっぺや首筋にキスされると、慣れてるなと思いつつ、止まらなくなります』(29歳/IT)

ちょっと上級テクニックですが、男をその気にさせるために有効なテクニック。
それが、キスばかりで責めるのではなく、色々な部分にキスすることです。

このテクニックは、男性の「このあと」の妄想をかきたてます。
男性の優しいキスから猛々しいキスへどんどん変貌させることができるでしょう。

(3)キスのあと恥ずかしがる

『あんなに熱いキスだったのに、終わった後恥じらわれるとキュンが止まらなくなる』(27歳/アパレル)

実は、慣れていると思われがちな女子にこそ効果的なのがこの恥じらうような仕草。
男性によってはキスよりも興奮するという人も多いんです。

恥じらいでスイッチが入る人もいます。
じゃんじゃん恥じらいながら男をその気にさせてしまいましょう。

(4)キスの後ぎゅっと抱きつく

『かわいいなぁ~もっと色々したいって思いますね~(笑)』(33歳/営業)

かわいいやつと思われたい時に効果的なのがこの仕草。
キスの後の密着が男をどぎまぎさせること間違いなし!

ぎゅっと抱きついた後、何も言わずに上目遣いでほほ笑めば尚よしです。
男性はもう一度キスしたくてたまらなくなるでしょう。


恥じらいも、責めもテクニックの1つです。
タイプによって使い分けたり、場によって使い分けることが効果的。
よりキスとそれからの楽しみが加速します。

どの仕草も基本的には男性に喜ばれるものですので、どんどん実践して自分のものにしていきたいですね。
キスの後の一工夫で男を虜に、そして惚れさせましょう。