ただされるがままのタイプですか?
それともひたすら攻めるタイプですか?
どちらにせよ、いつもと違ったエッチがしたいという場合には、「焦らし」を取り入れるのがオススメ。

ここでは「男を本気にさせるエッチ中の焦らしテク」について紹介していきます。

(1)擦り付ける

『彼女に求められている感じがして大興奮』(26歳/広告)

エッチ中、体を擦りあわせるといったテクを使うことがおすすめ。
擦るといっても、彼の体どこでもいいというわけではなく、彼のモノに擦り付けるところがポイントです。

「彼のモノになにを擦ればいいの?」と思った方はいますか?
それは、あなたの胸や下半身などなど…。

彼の上にまたがって擦っちゃえば、必ず興奮すること間違いなし。
下着の上からでもOKでしょう。

(2)亀頭だけを攻める

『焦らされている感じが堪らない』(30歳/営業)

「ぶっちゃけ亀頭ってどこ?」と疑問におもう女性もいることでしょう。
亀頭とは、男性のモノの先端のこと。

つまり、男性からしてみれば、上下に動かして欲しい手が、ずっと先端しか触ってくれないといった状態ということです。
なので、エッチ中に彼の亀頭のみを攻め続けることは、最高の焦らしといえるでしょう。

我慢できなくなって、襲ってきちゃうかもしれないですね。

(3)あえて敏感な部分は避ける

『もどかしくなって余計にムラムラ』(26歳/メーカー)

敏感な部分といえば、なんといっても彼のモノ。

ここでは、男性の最も敏感な部分を「あえて」触らないというのをおすすめします。
その周辺は触るものの、直接そのモノには触れないといったもどかしさが、なんともいえない感覚になるはず。

彼が「もう早く触って」と、自らいう可能性もありますね。
女性はそんな男性の様子をみて、新鮮で楽しむこともできるので、試してみてください。

(4)下着の上から

『早く直接……、と求めてしまう。上手いなと思う』(29歳/サービス)

衣類の上からの感触って、直接触られるのとは違った感覚がありますよね。
下着の上から擦ったりされると、普段の感じとは違うので、より気持ちよくなるときもあるでしょう。

乳首も敏感な部分である人が多いので、上着の上から擦ったりすると良いですね。
エッチ中に焦らしながら、じわじわと攻めるのも盛り上がること間違いなしですが、衣類の上からということなので、エッチ前から楽しめるはずです。


いかがでしたか?
試してみたいものはありましたか?

いつも鉄板なエッチをしているのであれば、少し変化を楽しみながらするのも良いですよね。
特に焦らしテクは、もってこいの楽しみ方でしょう。