大好きな人からLINEがきたら誰だって嬉しいですよね。
今回はその喜びを何倍にも膨れ上がらせることができるLINEがきて嬉しいタイミングを徹底解明していきます!

(1)デートの直後

『今の今まで話してたのにスッと一人の静かな時間になってしまうから、そのタイミングでLINEくれると帰るまでずっと楽しい』(25歳/アパレル)

デートの直後は寂しさが募りますよね。
寂しさから、次会える日のことを考えると更に辛さは増してしまうことでしょう。
しかし、ネガティブな感情に浸っている場合ではありません。

男性はデート直後、女性からの連絡を待ちわびているからです。
男性によっては「連絡は家に帰ってからでいいよ」と言う人もいるかもしれません。
しかし、別れた直後はデートの楽しかった感情がまだ温まっている状態です。

そこに一言「今日はありがとう!次のデートも楽しみだね!」なんてLINEが来たら、彼はあなたのことを余計に愛おしく感じることでしょう。
嬉しかった気持ちや感謝の気持ちは先延ばしにせず、早めに伝えることを意識しておきましょう。

(2)特別な日

『付き合った記念日に改まって大好きだよってメールが来て、照れたけどめっちゃ嬉しかった』(30歳/人事)

クリスマスや記念日などの特別な日を待ちわびている男性は意外と多くいます。
そんな特別な日には、心のこもったとびっきりのLINEを用意しておきましょう。

もちろん、できることならLINEではなく電話や直接会う方が望ましいです。
しかし、いくら2人にとって特別な日とは言えど仕事や大事な用事が入った時のことを考えると必ずベストな行動ができる保証はどこにもありませんよね。

普段はなかなか言えない感謝の気持ちを伝えたり2人が出会った時のことを思い返したりして、彼のハートをグッと掴むLINEを送りましょう。

(3)緊急の際

『けっこう大きな地震があったとき、一番に連絡くれたのが彼女だった。結婚しようと思った瞬間でした』(28歳/商社)

災害や悪天候といった緊急時は、他のことまで頭が回らない状態です。
そんななか、自分のことを想ってくれる人からLINEがきたら誰だって嬉しいに決まってます。

余裕がない状況にも関わらず一番に自分のことを心配してくれるのは、まさにその人の存在が大切だからこそ
「返事はいらないからね」と一言添えると、さらにあなたの存在は色濃く残ることでしょう。
不安な気持ちに寄り添って、彼を安心させてあげましょう。

(4)体調が悪いとき

『母性のかたまり!』(28歳/証券会社)

体調が悪い時に自分のことを心配してくる人がいたら、これほど心強いことはありませんよね。
そんな気持ちに寄り添って「ゆっくり休んでね」というLINEを送るのも、男性から好かれる女性の特徴です。

ただし、送っていいのは1通のみ
何通も送ると「心配されている」を通り越して「迷惑」という気持ちが上回ってしまいます。
あくまで彼は病人であることを念頭において、たとえ返事が返ってきたとしても早急に切り上げるようにしましょう。


LINEを送るタイミング次第で男性の反応は大きく変わってきます。
喜ばれるタイミングをしっかり見極めて、あなたの存在を彼に根強く残しましょう!