自分がダメンズウォーカーなことを気にしている女性には、実は特徴があります。
最初は彼も良い彼氏だったのに……と思うことばかりではありませんか?
彼氏がダメンズになることが多いのは、自分自身の行動や性格に理由がある場合も多いんです。

今回は、彼をダメンズにしてしまう彼女の特徴についてご紹介します。

(1)何でも受け入れる

『最後は絶対許してくれるんでしょ?』(26歳/飲食)

「彼氏のことは何でも受け入れなきゃ」と思っていませんか?
何でも言うことを聞いたり許してしまう人は、彼氏をダメンズにする彼女の代表格
彼氏がたとえ浮気や借金などを繰り返しても、許してしまう可能性があります。

自分自身、主張や意思が弱く、彼のことなら……とつい何でもOKしてしまんです。
いつも彼の言うことに流され、彼にとって都合の良いように使われることも多いでしょう。
彼が調子に乗るのは、彼女の受け入れすぎな性格も手伝っているんです。

(2)尽くしすぎる

『帰ったらご飯も風呂も準備してあるし、支払い系も管理してくれてるし、楽ちんすぎて離れられない!』(25歳/営業)

とにかく男性に尽くすタイプの女性は、男性にとって理想的なタイプとされます。
確かにサポート力の高い女性は良妻賢母的な優しい女性になれるでしょう。
でも、尽くすことは加減を間違えると、男性をただ甘やかすことにしかならないんです。

何かと心配したり世話を焼いて、もはや立場は彼女というよりお母さん、という女性も少なくありません。
彼はとことん彼女に甘えるようになり、気が付けば何もしないダメンズになり果てます。

(3)収入が高い

『デートも稼いでる方が出すってことでいいよね?』(28歳/アパレル)

あくまで傾向ですが、女性は収入が高いと、男性を甘やかしてしまうと言います。
収入の高い女性には姉御肌の人が多く、自分に甘えてくる男性には弱いところがあります。

彼氏にうまいこと甘えられ調子を良くし、つい彼にお金を渡してしまいます。
そのせいで彼氏はすっかりヒモになり、ダメンズになることも多いものです。

(4)依存しやすい

『ついつい頼ってしまうけど、彼女もそんな俺が好きだと思う』(29歳/公務員)

ダメな彼氏から依存されているのは私の方……と思う人も多いでしょう。
しかし依存しているのは、実は彼氏をダメンズにしている彼女も同じなんです。

彼は甘えることで依存し、彼女は彼を甘やかすことで満足感を得る、そんな状況に依存します。
これを恋愛においてはよく「共依存」と言いますよね。

このため彼氏をダメンズにする彼女は、何かと依存しやすい性格の人が多いです。
頼られることこそが幸せ、誰かから求められていないと満足できないなど……
このおかげで彼氏はすっかりダメンズになってしまいます。


ダメンズになる彼氏にはもちろん非はあるでしょう。
しかし彼女の方にも、彼氏をダメンズにする性質があるということは認識しておきましょう。
ダメンズウォーカーな人は、実は自分の性格のせいでまともな恋愛ができないのかも……