あなたの周りには、酔っ払うと必ず電話してくる男性はいますか?
酔っ払った後にどんな行動に出るのかは人それぞれです。
しかし酔って本能的になっているからこそ、その行動には人の心理が表れやすいもの。

では、酔っ払うと電話をかけてくる男性にはどのような心理があるのでしょうか?

(1)単純に人恋しい

『終電で帰って家までの静かな道を一人歩いてると、なぜか誰かと話したくなるよね』(26歳/営業)

酔っ払うと人は感傷的になると言います。
寂しさや孤独感を感じやすくなり、泣き上戸になる人もこのような心理が関係しています。
特に一人でお酒を飲んでいたり、飲んで仲間と別れたりした時などは、人恋しくなるものです。

お酒がいい感じにまわって、誰かと話したいという気分になったというわけです。
ちなみにそこには特に恋愛感情は絡んでいない場合も多いでしょう。
単純に仲の良い友達だったから電話した……というパターンもよくあるはずです。

(2)あなたに恋愛感情を抱いている

『いつもは勇気がなくて言えないことも、酔ってるんでしょーって流しながら聞いてもらえる気がしてね』(29歳/不動産)

ただ、実際には恋愛感情を抱いているケースもあり得ます。
あなたに恋愛感情を持っているからこそ、酔っ払って電話をかけてきている可能性も高いです。
酔っ払って気分が良くなった時は、やはりより親近感のある人と話したいものです。

また、酔った勢いで告白したり、良い雰囲気にしようと思っている可能性もあります。
普段なかなか素直になれない男性は、酔っ払った時でないと好きな人とまともに話せないという場合もあるはず。
あわよくばそのまま思いを伝えることも考えることでしょう。

(3)困らせたい

『酔って電話すると女の子が優しくしてくれてなんか癒される』(26歳/美容師)

男性は酔っ払うと下ネタを言ったり、調子の良い発言を繰り返すものです。
良いリアクションを取ってくれる女性には、単純に「困らせたい」という心理も働くでしょう。
下ネタの一つでも話して、困らせようとしているのかもしれません。

また、面倒見の良い女性を心配させて、甘えたいという心理もあるはずです。
男性だって甘えたい、構ってもらいたいという気持ちはあります。
恋愛感情はなくても、困らせたい、心配してもらいたいという心理から女性に電話する男性も多いです。

(4)自分の気持ちを向き合いたい

『酔った勢いで気になる子に電話して、声を聞いた瞬間に好きだって告ってた(笑)』(30歳/インテリア)

酔っ払うと人はより本能的になると言います。
それは気持ちが高揚することで、迷いなどから解放されるのです。
彼は正直、あなたを好きなのかどうなのか自分でも分からない状態なのかもしれません。

そのため酔っ払った時に電話をかけて、自分の気持ちを確かめようとしている場合もあります。
自分の気持ちと正直に向き合い、あなたを好きなのか自分でも確かめたいのかも……


酔っ払っているとはいえ、男性の心理もいろいろと複雑なものです。
単純に人恋しいという心理もありますが、心配してもらいたいなどの心理もあります。
しかしもし男女を意識したような発言をされるなら、彼から恋愛感情を持たれている可能性は高いでしょう。