気になる男性と初デートをする際に、ガッカリされないようにするにはどのような方法があるのでしょうか。
男性はふとした時に、この子とは合わないな、と感じてしまうことがあるようです。

初デートの際、出来ることならそうしたことにならないよう注意したいところですよね。
そこで、男性が初デート中に「この子とは合わないな」と思った瞬間をまとめてみました。

(1)自分の話ばかりする女性

『まだお互いのことちょっとずつ知っていく段階なのに、そんなに情報量多くこられても……』(27歳/飲食)

デート中自分の話ばかりする女性は、相手につまらないと思われてしまいます。
自分の話ばかりする女性は、人の話を真剣に聞かない傾向にあります。
そうした女性といると、男性はつまらないだけではなく疲れてしまいます。

初デートの際には自分をアピールしたいという気持ちから、ついつい喋りすぎてしまいがち。
しかし、それでは男性が離れてしまうことになりかねないので注意しましょう。

(2)人を見下す女性

『店員への態度が悪いとか、平気で人の悪口言えるって下品だなって思う』(29歳/銀行)

初デートの際には、相手の性格を見極めることを意識する男性が多いようです。
男性は陰口を言うような女性を嫌う傾向にあります。
特に、人を見下して笑うような女性に対して性格が合わないと感じることも。

せっかくのデートの時に、ネガティブな話題を振られたら楽しむことが出来ませんよね。
そのため、そうした発言に注意を払う必要があります。

(3)食べ物の好みが合わない

『レストランの味付けで、俺は普通だと思ったけど相手が「薄くてまずい」って言ったときは、あー合わないわと思いましたね』(31歳/企画)

恋人同士になるには、食べ物の好みが合うか合わないかは意外と重要な問題です。
食べ物の好みが合わないと、外食をする際も意見が合わずどちらかが我慢することになります。
好みの問題はもちろんですが、食事のマナーが悪い女性は男ウケが悪いと言えます。

そのため、初デートの際には食事のマナーには注意を払う必要があります。
好みに関しては、合うものを見つけるような会話に繋げていきましょう。

(4)金銭感覚の違い

『初デートでいきなりブランドのお店に行かされた時はマジで金遣い荒そうでムリってなった』(30歳/商社)

金銭感覚は、それまでの育ちなどがわかってしまう重要な問題です。
男性がお金を払うつもりでいても、金額によってはプライドを傷つけてしまうことも。
そのため、初デートの際には金銭感覚を相手に合わせるよう心がけましょう。

お金遣いがあらいと思われると、男性に合わないと思われてしまうので注意が必要です。


いかがでしたか?
男性が初デート中に「この子とは合わないな」と思う瞬間は人それぞれ。
そのため、初デートの際には相手を見極め、相手に合わせるよう心がけましょう。