フェラをしているとき、男性が何を考えているのか気になったことはありませんか?
今回は、そんな知られざるフェラ中の男性心理を覗いていきましょう。

(1)我慢している

『ひたすらイかない事を考えてます』(27歳/公務員)

フェラは女性の膣内と同じような感覚を堪能することができます。
さらにまとわりつく舌が加われば、挿入以上の興奮を与えることも十分可能です。
そんな濃厚なフェラをされれば、耐えられない男性がいても不思議ではありません。

そのため、フェラをされている最中は果てないように我慢している男性が多いようです。
しかし、フェラをしている女性からすると素直に気持ち良くなってほしいというのが本音ではないでしょうか。

そんなときは「我慢しなくてもいいよ」と言ってあげると、彼の気持ちを和らげてあげることができるかもしれませんね。

(2)どのようなプレイをしようか考えている

『してもらった事の感謝で次はどうしてやろうかと……(笑)』(30歳/飲食)

男性の中にはフェラをされている時、次はどのようなプレイをしようか考えている人もいます。
気持ちよくしてくれている女性に対して「次は自分が攻めたい」「自分も気持ちよくさせたい」という願望を抱いているのです。
彼にもっと攻めてもらいたい人は、フェラの時間を伸ばして彼に妄想する時間を増やしてあげるといいかもしれませんね。

(3)何も考えていない

『ただただ放心状態ってことが多いっすね』(32歳/営業)

心地よい時間はまさに無の境地
意外にもフェラをされている最中は何も考えていないという人もいます。
気持ちが良すぎて何も考えられないといったほうが正しいのかもしれませんね。

しかし、彼のために頑張ってフェラをしている女性からすると反応が薄いのは少し虚しさが込み上げてきますよね。
彼が何も反応を示さない場合は、ちょっぴり意地悪をしてフェラを少しやめて焦らしてみるといいかもしれませんね。

(4)フェラしてくれている相手のことを考えている

『愛おしそうに舐めてる彼女を見て愛されてる喜びに浸ってます』(26歳/インテリア)

フェラはセックスをする上で必ずしも必要な行為というわけではありません。
にも関わらず、フェラを行うのはその男性のことが好きだからこそ
「彼にもっと気持ちよくなってほしい」「尽くしてあげたい」という気持ちはまさに無償の愛といえるでしょう。

そんな彼女の愛情をフェラの最中に実感している男性も少なくありません。
そう考えると、フェラがセックスに必要ではない行為だとしても愛情表現を行う上では欠かせないことなのかもしれませんね。


フェラをしている時に「なに考えてるの?」なんて、思ったとしてもなかなか聞けることではありませんよね。
しかし、フェラをされている男性の気持ちに寄り添うことができれば、2人の関係はさらに濃密なものになるかもしれません。
「マンネリをなんとかしたい」「もっと喜んでもらいたい」という人は、フェラの時間に少し変化を加えてみてはいかがでしょうか。