上品な女性はとても魅力的に見えるため、「上品になりたい」と感じている人も多いはずです。
実は普段の振る舞いによって、あなた自身の品を下げてしまっている可能性があるんです。

今回は、女性の品を下げるNG行動についてご紹介します。
ぜひ参考にしてください。

(1)大声で笑う

『どんなに着飾ってても、ゲラゲラと笑う姿をみたらげんなりする……』(28歳/商社)

笑顔になることはとても良いことですが、大声をあげて笑うのは決して上品とは言えません。
手を叩いて仰け反って笑ったり、相手の肩をバシバシと叩きながら笑う姿はとてもおばさんっぽく、上品とはかけ離れた姿なのです。

笑う時は口に手を当てたり、大声を出しすぎないように注意してみましょう。
おばさんっぽい笑い方を避ければ、グッと上品さが増すかもしれません。

(2)お酒に飲まれる

『自分の限界わかってないのが子どもだし、そんな子とは大人の雰囲気のBARとかにはいけないよね』(33歳/証券会社)

飲みの席などでついつい楽しくなってしまって、お酒を飲みすぎてしまうこともあるでしょう。
しかしお酒に飲まれて、人前で眠り込んだり嘔吐すると、一気に周囲は幻滅してしまうのです。

また、お酒に飲まれる人は貞操観念が低いというイメージを持たれたり、酒癖の悪さで友人を失ってしまうこともあります。
大人として、きちんと分別のあるお酒との付き合い方を心がけることが大切なのです。

(3)SNSに何でも投稿する

『みんなにチヤホヤしてもらいたくてやってるのかな?一緒に遊んだらすぐ投稿されそうだから嫌だな』(29歳/SE)

その日起こったこと、誰かと話したことなど、逐一SNSに投稿する女性も上品とは言えません。
上品な女性は全てを人前で見せたりすることなく控えめであり、全てを簡単にさらけ出さないからこそ品を持っているように見えるのです。

常にSNSに夢中な女性はとても子どもっぽく見え、大人の上品さに欠けたイメージを持たれます。
SNSは便利かつ楽しいツールではありますが、節度を持った投稿で楽しみましょう。

(4)すぐに人の悪口を言う

『やっぱり悪口を言ってるところを見ない女性の方が明るいし、自分を高める人生を歩んでるようにみえますね』(27歳/営業)

人の悪口を言う女性はとても醜く見えるうえに、周囲に不快なイメージを与えます。
人の欠点を常に探していたり、欠点を見つけると嬉々としてそれを話す女性は、上品さとはかけ離れているのです。

常に人の悪口を言うのではなく、人の良いところを自然に褒めることができるようになれば、自分の品格を上げることができるでしょう。


いかがでしたか。
今回は女性の品を下げるNG行動についてご紹介しました。
これらの行動を避け、品格を備えた魅力的な女性を目指しましょう。