みなさんは、街中でカップルのお揃コーデを見かけたことがありますか?
もし見かけた場合、「仲が良さそうでお洒落だな」という印象を持つことでしょう。
しかし、「カップルでお揃いなんて恥ずかしい」という人もいるはず。

そんなときにはリンクコーデがおすすめ。
ここでは「秋のカジュアルリンクコーデ」を紹介していきます。

(1)ネルシャツ

『これなら男でも自然にお揃いきれる』(27歳/医師)

まず、リンクコーデとはペアルックとは違って全く同じものというわけではありません。
あからさまではないお揃コーデというのがポイントです。
なので、「恥ずかしくてお揃いなんてできない」という人にはおすすめということ。

秋のリンクコーデにおすすめなのがネルシャツです。
それを色違いや、チェック柄違いでリンクコーデに仕上げちゃいましょう。
男性はブルーのネルシャツ、女性は赤のネルシャツといった感じ。

ネルシャツは秋の定番アイテムでもあり、種類も豊富なので手軽にリンクコーデにすることができますね。

(2)スキニー+スニーカー

『スニーカーがお揃いって、服以上に仲良し度が伝わるきがする!』(29歳/営業)

足元でリンクコーデを取り入れる楽しみ方もアリ。
スキニーとスニーカーの組み合わせで、アクティブなカップルを演出することができます。
スニーカーであれば、思いきってお揃いにするのも良いですね。

さりげなく足元にお揃いアイテムがあるのもお洒落。
お揃いでなくても、スキニーとスニーカーというコーデでリンクされているので、初心者でも挑戦しやすいでしょう。

(3)ボーダー

『お揃いですって感じは恥ずかしいけど一緒に歩いててカップルって分かってもらいたい気持ちもあるから、ボーダーなら爽やかでいい』(30歳/企画)

ボーダーは、誰もが持っていてもおかしくない王道の柄ですよね。
このボーダーをリンクコーデにするには、柄や色の種類で調整するのが良いでしょう。

ボーダーにもいろいろなものがあるので、太ボーダーに細ボーダーの組み合わせもGOOD
また、白黒のボーダーと白緑のボーダーの組み合わせも可愛いですね。

(4)モノクロコーデ

『ぱっと見オソロじゃないけど自分たちの中では絆がある感じが好き』(26歳/インテリア)

アイテムではなく、コーデ全体の配色でリンクコーデを作るのもおすすめです。
この中でもモノクロコーデは、レベルが高そうで意外と簡単
お互いが持っている黒と白の服を揃えるだけでOK。

あとは自由に着こなすだけなので、簡単ですよね。
服をモノクロで揃えて、秋色の小物で合わせればお洒落上級者です。


いかがでしたか?
リンクコーデはさりげなさを大切にするのがコツです。
大好きな彼とのリンクコーデで、周りのカップルと差をつけちゃいましょう。