大好きな彼とのデート中、あなたが何気なく言った言葉で彼が幻滅してしまうことがあります。
何気ない発言で幻滅されてしまうと、「これが彼女の本心なんだな」と彼が感じて、関係を修復することが難しくなってしまうこともあるでしょう。

今回は、男性がデートで幻滅してしまった彼女のセリフについてご紹介します。
ぜひ参考にしてください。

(1)「美味しくないね」

『本当のことだとしても、ちょっと考えてほしい』(33歳/代理店)

デートの最中に、彼と食事に行くことも多いでしょう。
一緒に食事をしている時に「美味しくないね」とすぐに言う女性は、男性から幻滅されてしまいます。
特に、彼が事前にあなたのために選んでくれたレストランでこのような発言をすると、彼はとてもがっかりするに違いありません。

またレストランで平気な顔で「美味しくない」と発言すると、その声がレストランのスタッフにまで聞こえてしまうことも。
すると、彼はあなたのことを「相手に聞こえる距離で失礼なことを平然と言うんだな」と感じてさらに幻滅してしまうでしょう。

(2)「めんどくさい」

『こういうこというの、可愛くねぇ~!』(26歳/アパレル)

デートで遠出する計画をしたり、普段よりもアクティブに過ごす予定を立てた時、仕事で疲れているとつい「めんどくさいな……」と感じてしまうこともあるかもしれません。
しかし、その気持ちを簡単に口にするのは控えたほうがいいでしょう。

「めんどくさい」と言うと、彼はあなたがデートを楽しもうとする気持ちを持っていないことにとてもがっかりするのです。
また、この言葉はあなたがとてもズボラで怠け者のような印象に。
「めんどくさい」と直接的すぎる言葉を使うのではなく、「今日はゆったり過ごしたいな」など相手の気持ちを考えて言い換えましょう。

(3)「疲れた」

『デートなのに疲れたって何?(笑)』(24歳/公務員)

デート中にすぐに「疲れた」と言うのも、彼を幻滅させてしまいます。
楽しいデート中に何度も「疲れた」とだるそうな態度を見せられると、彼がうんざりするのは自然なことと言えるでしょう。

デート中にネガティブな発言をして彼をがっかりさせるのはやめるべき。
デート中にどうしても体が疲れた時は、ただだるそうに「疲れた」と発言するのではなく、「少しカフェで休まない?」と提案するなど、休憩しながらもお互いが楽しむことができる方法を考えましょう。

(4)「奢ってくれないの?」

『もう絶対奢りたくなくなる!』(28歳/事務)

デートの際に、彼が奢ってくれることもありますよね。
しかし奢ってもらうのが当然だと考えるのは避けるべき。

会計時に彼が割り勘にしようとした時、「え、奢ってくれないの?」と言ってしまうと、彼のあなたに対する気持ちは一気に冷めてしまいます。
奢ってもらうことを前提とした発言はやめましょう。


いかがでしたか?
今回は、男性がデートで幻滅してしまった彼女の発言についてご紹介しました。

あなたはこのような発言をしていませんか?
自分の発言を振り返って、彼に幻滅されることのないように気をつけてくださいね。