デートに誘われる女性と、デートに誘われない女性には、どのような違いがあるのでしょうか。
その違いをきちんと理解することができれば、あなたも男性からデートに誘われることが増えるかもしれません。

今回は、デートに誘われない女性に「足りないもの」についてご紹介します。
ぜひ参考にしてください。

(1)サバサバしすぎ

『やっぱりどこか女の子らしい一面を持つことは大切!』(26歳/IT)

サバサバしていてフレンドリーな女性はとても素敵ではありますが、あまりにもサバサバしていると男性は男友達と話しているように感じてしまうことがあるようです。
男友達と話しているような感覚になってしまうからこそ、その相手のことを女性として見ることができないのでしょう。
サバサバしてフレンドリーでありながらも、時々女性らしさを垣間見せることで、相手の男性に「女性」として意識させることが重要。

(2)一緒にいて楽しくない

『自分勝手すぎる子は論外』(31歳/編集)

常に自分の好きなように振舞っていたり、相手の気持ちを考えて行動することができない女性は、デートに誘われることはありません。
このような女性と一緒に過ごしていても、男性は「楽しい」と感じることができないのです。

一緒にいて楽しいと感じることができない女性を、デートに誘う男性がいないのは当然のこと。
少し相手を気遣うように心がけたり、相手への思いやりを忘れないようにすると、男性から好意を寄せられることが増えるかもしれません。

(3)笑顔が少ない

『たまにめっちゃいい笑顔を見せてくれる子はアリだけどね』(29歳/インストラクター)

常に笑顔の女性は、とても明るくて素敵な印象を相手に与えます。
それに対して、笑顔が少ない女性はとても暗い印象を持たれたり、機嫌が悪いのかなと思われてしまうこともあるでしょう。

一緒に過ごしていて笑顔を見せてくれない相手とは、デートしたいと思いませんよね。
相手と話している時にたくさん笑って表情豊かに過ごすことで、相手はあなたに親しみを持つはず。
相手があなたに親しみを持てば、相手はあなたのことをもっと知りたいと感じてデートの誘ってくれるかもしれません。

(4)おしゃれに気を使っていない

『男は髪の毛とかもちゃんと見てるよ』(24歳/飲食)

おしゃれに無頓着で女性らしいファッションをしない女性は、デートに誘われることはあまりないでしょう。
自分に似合うファッションを理解して、女性らしい身だしなみをしている人はとても魅力的。

身だしなみがきちんとした女性と一緒に過ごしたいと男性が感じるのは、とても自然なことと言えます。
あまりにも着飾る必要はありませんが、清潔感を意識して身だしなみを整えれば、周囲のあなたに対する印象がグッと良くなるはず。


いかがでしたか?
今回は、男性がデートに誘わない女性に「足りないもの」についてご紹介しました。
ご紹介したことに注意すれば、あなたも素敵な男性とデートができるかもしれません。