気になる彼とデートの約束をすることができた時は、とてもドキドキして嬉しい気持ちになりますよね。
しかしデートの約束ができたからといって、相手もあなたのことが気になっているとは限りません。

男性のデート中の振る舞いで、彼にとってあなたが本命かどうかを知ることができるのです。
今回は、男性が本命とのデートでは決してしないことについてご紹介します。
ぜひ参考にしてください。

(1)スマホばかりいじっている

『スマホいじってる方が面白いってことだよね』(25歳/サービス)

男性にとって本命の女性ではない場合、暇つぶし程度で男性がデートに付き合ってくれたとしても、男性はそれほど相手の女性に興味がありません。
そのため、女性の話を熱心に聞くこともなく、スマホばかりいじって他ごとをするのです。

男性が「彼女のことをもっと知りたい、彼女と楽しみたい」と考えるほど真剣な相手の場合は、しっかり女性と向き合うもの。
そのような様子もなく、つまらなさそうにスマホばかりいじっているのであれば、彼にとってあなたは本命ではないのでしょう。

(2)自分の行きたいところを最優先

『相手の気持ちはどうでもいいっていうのがバレバレの行動』(32歳/管理)

デートの際にあなたが行きたいところを提案しても、彼が「行きたくない」と言ったり、興味なさそうな表情をしているのであれば、あなたは彼の本命ではない可能性が。
常に彼がデートの行き先を決めていたり、彼の趣味ばかりに付き合わされているのであれば、それは彼があなたの意見を尊重していないことを意味するのです。

男性は本命の女性とのデートでは、彼女の意見をしっかりと尊重します。
そして彼女が行きたい場所があれば、彼女のために一緒に行って一緒に楽しもうとするものです。

(3)当日にドタキャン

『すごく申し訳ないんだけど、なんでこの子を約束しちゃったんだろうってこと、あるかも(笑)』(27歳/イベント)

男性が本命じゃない女性とデートを約束した時、他に予定があるわけではなく単にデートするのが面倒になってキャンセルすることもあるようです。
本当に外せない予定が入ってしまってドタキャンする場合、相手の女性が本命であればしっかりと謝罪して、必ず埋め合わせをするはず。
しかしドタキャンすることについて謝り方が軽かったり、埋め合わせを全くしないのであれば、彼はあなたのことをそれほど重要と思っていないことを意味するのです。

(4)歩くペースが早すぎる

『本命以外の子に、そんな気を使わないでしょ』(23歳/販売)

男性は本命の女性とデートする時は、とにかく相手の女性がデートを楽しんでくれるように様々な心遣いを見せます。
歩くスピードもきちんと本命の彼女に合わせ、彼女に負担がかからないように配慮するのです。

しかし彼が歩くスピードをコントロールすることもなく、スタスタと歩いていってしまうのであれば、彼はあなたに対してあまり配慮していないということ。
本命でない女性に対してそれほど気遣いをする必要がないと感じているのでしょう。


いかがでしたか?
今回は、男性が本命とのデートでは決してしないことについてご紹介しました。

あなたの彼はこんな振る舞いをしていませんか?
ご紹介した項目をチェックすれば、あなたに対する彼の本気度がわかるかもしれません。