あなたは自分のキスが上手だと思いますか?
それとも下手な方だと思いますか?

よく「キスが上手い女性はモテる」なんて聞きますが、そもそもキスの上手・下手って何が違うのかわからない方も多いかと思います。
そこで今回は、「上手いキスと下手なキスの違い」について解説していきたいと思います。

(1)キスのタイミングが違う

『ところかまわず突然キスされても困るだけ』(28歳/営業)

キスをするタイミングが上手だと、キスをされた側はとってもドキドキします。
キスはムードが大切ですが、タイミングによってそれらを盛り上げてくれるんですね。
時に強く、時に優しく、緩急をつけたキスは思わず気持ちよくなってしまうもの。

一方キスが下手な人は、キスをするムードじゃないのにキスをしたり、「キスしたい!」とがっつきすぎていることが多いです。
これではムードを盛り上げるどころか、相手にも引かれてしまいます。
イメージは「自然に流れるようなキス」なので、それを意識しながらキスをしてみてくださいね。

(2)息の仕方が違う

『キスした時にあまりにも鼻息が荒いのはちょっと引いてしまう……』(31歳/コンサル)

キスの上手な方は、息の仕方もスマートです。
キスへの焦りが無く、余裕をもって相手に合わせることができるので、鼻で息をしても呼吸が乱れないんですね。

キスが下手な人は、そもそもキス中に鼻で息ができていない人もいます。
また、気持ちがはやるあまり、興奮して息が荒くなってしまうことも。
まずは静かに呼吸することを心がけてみてはいかがでしょうか?

(3)歯の当たり方が違う

『ガチッ!と歯の当たるキスは嫌だ。痛いし気まずいし……』(25歳/営業)

キスが上手な人は、相手との距離とキスに最適な力加減が分かっています。
時には角度なども調節しつつ、相手に歯が当たってしまわないか気を遣っているんですね。

対して、キス中に歯がぶつかってしまうという方は、キスが下手な人です。
歯が当たると痛いですし、歯の当たるガチガチという音でムードもぶち壊しです。
キスがしたいからといって急いで近づかず、ゆっくり丁寧に唇に触れるようにしてみてくださいね。

(4)舌の使い方が違う

『ベロベロ舐められるのは好きじゃないです。よだれが凄いし』(28歳/金融)

舌の動きは、気持ち良いキスには大切なポイントです。

舌の力を抜いて、丁度良い力加減で刺激するのが、上手なキスのポイントです。
舌を絡める際は、まず舌の力を抜くことが重要なんですね。

それができず、舌に力を入れてがむしゃらに動かしてしまうのは、下手なキスです。
まるでAVの中のプレイのような動きでは、キスをされる側もウンザリしてしまいます。
激しく舌を動かすのが上手なキスというわけではないということですね。


「上手いキス」と「下手なキス」の違いについてまとめてみました。
気持ちいいキスって、色々なところに気を配る必要があるので、結構難しいんですよね。
この記事を参考に、上手いキスをマスターできるよう頑張ってみてくださいね!