彼にエッチでもっと気持ち良くなって欲しい!と思っていませんか?
しかし、いざ彼を攻めようと思っても、どこから手をつけていいか分かりませんよね。
まずは、基本的な前戯から始めてみましょう。

そこで今回は、男をムラつかせる「前戯のしかた」を、紹介していきます。

(1)性感帯を見つける

『乳首攻められるとゾクゾクして興奮する』(25歳/美容師)

まずは、彼の性感帯を見つけることから始めましょう。
感じるところは人それぞれなので、彼が一番感じる部分を探すことが必要。

耳や首筋、乳首などが性感帯という人は多いので、定番部分から愛撫していきましょう。
また、彼が愛撫してくれる場所は、彼にとっても性感帯のことが多いので、その部分も攻めてみて。

この時注意したいのが、最初はソフトに愛撫すること。
ゆっくり優しく舐めていくようにしましょう。

(2)焦らしも必要

『フェラする前にじわじわ周りに手をそわされたり、軽くサオを指先で触れたりされると盛りあがりますね』(28歳/企画)

彼の性感帯を把握しているのならば、あえて避けて焦らしてあげるのも、興奮するもの。
例えば、乳首周辺は舐めて、なかなか乳首を愛撫しないと、いつ愛撫されるのかドキドキします。
もちろん彼のアソコも同じように焦らしてみて。
しっかり焦らしてから、彼のアソコを愛撫すれば、その頃には興奮度もMAXに!

ただし、焦らし過ぎは禁物。
少しいじわるする程度に留めて、彼が興奮してくれば愛撫してあげて。

(3)フェラ+手コキ

『フェラされてる時に手コキを組み合わせると挿入前にイっちゃうかも』(31歳/商社)

彼への前戯で、フェラは欠かせないですよね。
この時フェラも良いですが、一緒に手コキもしてあげましょう。

まずは、ゆっくりと舌で彼のアソコを舐めていきます。
そして口で咥えても、唾液で濡らす程度に留めておいて。
十分に唾液で濡れたら、指で滑らすように愛撫してから、手コキをしていきます。

そして、また乾いてきたらフェラをすることを繰り返します。
徐々に激しくすれば、彼のテンションもどんどん上がっていきますよ。

(4)見せ方も大事

『目があった状態でフェラされるといやらしい気分になって暴発寸前』(33歳/銀行)

愛撫は身体的な快楽も必要ですが、視覚効果も利用していきましょう。
ただ舐めて愛撫するだけではなく、色っぽく見えるように愛撫することも大事。

女性的な体の曲線を見せながら、色っぽく舐める。
また、彼から舐めていることが見えるように、舌を出すこともエロく見えます。
彼の目を見つめながら愛撫しても良いですね。

愛撫に一生懸命になり過ぎて、色気のない格好では勿体ない!
少しお尻を高く突き出すだけでもOKなので、見せ方を工夫してみましょう。


最初は分からなくて当たり前なので、無理に高度なテクニックを使うのではなく、基本から試してみましょう。
分からなければ、彼が愛撫してくれることを真似るだけでもOK。
徐々に彼好みの愛撫を見つけてみて下さいね。